CCCマーケティング、TVCM出稿分析ツール「MKW Program Optimizer」を提供開始

CCCMKHDのプレスリリース

“ユニークデータ”※1をもとにマーケティング・ソリューション事業を展開するCCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦)は、広告主、広告代理店およびテレビ局に向けて、TVCM出稿分析ツール「MKW Program Optimizer」(以下「MKW PO」)の提供を、2020年11月10日(火)より開始いたしましたことをお知らせいたします。

MKW POは、関東・中京・関西エリアの25万人のTV視聴データと購買データが連携したマーケティングデータ※2を活用し、様々なマーケティングターゲットへの効果が最適な番組組み合わせを比較・発見できる分析ツールです。リーチ、一人当たりFQ(フリクエンシー)、リーチ効率(CPM)、imp単価など多様なKPIを基に、簡単な操作で提供番組の組み合わせ最適化を図ることができます。今回は、関東・中京・関西エリアより開始し、今後は日本全国約39万人のテレビ視聴データを対象としたサービスへ拡大をしていく予定です。
 

  • 【「MKW Program Optimizer」の特徴】
1. KPIに適した指標リーチ率、獲得FQ、リーチ推計人口、CPM、imp単価などKPIに適した指標で番組や組み合わせ評価が可能。
2.マーケティングターゲットに適したセグメント設定MF3層、15~69歳男女、自動車保有男女、カテゴリー購買者など、マーケティングターゲットに適したセグメントを設定可能。
3.番組ごとの予算設定各番組の出稿料を自由に設定しながら、想定予算内で最適な番組組み合わせの選定が可能。
4.簡単・わかりやすい Tableauで簡単にスピーディに操作することができるツールです。データダウンロードも可能。

 

 

  • 【「MKW Program Optimizer」の概要】

■対象エリアおよびTV局:関東・中京・関西エリアの系列民放テレビ局
■対象番組:レギュラー番組(特番は除く)  
■設定可能な分析セグメント:MF1-3層、デモグラフィック(子持ち、自動車保有、世帯年収等)、カテゴリー購買経験者等様々なセグメント設定が可能
 ※エリアによってカテゴリ・セグメント数は異なります。
■その他設定条件(上記以外)
 1.評価指標:リーチ率、推計リーチ人口、一人あたりFQ、推計トータルFQ、CPM、imp単価等
 2.増分指標:その時点での番組組み合わせに対して最もリーチ増分が高い番組がすぐにわかる。
 3.出稿金額:自由に入力可能
■その他の機能
 1.ソート機能(評価指標順に並べ替えられる機能)
 2.ダウンロード機能(画像、csv等でデータのダウンロードができる機能)
 ※その他、さまざまなご要望に沿ったメニュー提供も行っています。

【無料デモンストレーション説明会について】
2020年11月12日(木)~12月18日(金)まで無料で実際の分析ツールをご覧いただく、デモンストレーション説明会を開催。下記お問い合わせ先までご連絡ください。

CCCマーケティングは、「ユニークデータを解決力に。」をキーメッセージに掲げ、生活者からお預かりした大切で多種多様なデータをもとに、テクノロジーと対話力と提案力で、さまざまな企業のみなさまの課題を解決するカンパニーを目指してまいります。

※1 ユニークデータとは、7000万以上のシングルID、年間50億件以上の購買トランザクション、20万店舗のネットワークで扱われる60億種類の商品データ、300項目からなる顧客DNAのペルソナデータ、オフライン・オンライン上の移動・行動データやメディア接触データ、またCCCMKグループオリジナルのエンハンスデータなどを指します。
※2 個人を識別できないように統計加工処理を行った2020年9月末現在の数字です。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。