【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

日向坂46宮田愛萌 小説「ハピネス」が、創刊75年の老舗小説誌「小説新潮」2月号に先行掲載決定!

株式会社新潮社のプレスリリース

 アイドルグループ・日向坂46からの卒業を発表した2期生・宮田愛萌さん(24)。2月28日に発売される初の小説集『きらきらし』より、収録作品の一篇「ハピネス」を「小説新潮」2月号(1月20日発売)に先行掲載いたします。
「小説新潮」は1947年創刊、75周年を迎えた月刊小説誌で、川端康成、太宰治、松本清張、司馬遼太郎などの作品を掲載してきました。
 現在発売中の1月号では林真理子、江國香織、角田光代など人気作家の短編や赤川次郎、恩田陸、桐野夏生、宮城谷昌光などの小説が連載されています。「小説新潮」は全国の書店で販売いたします。

 

■宮田愛萌さんコメント
 このたび、私の初めての小説集『きらきらし』から「ハピネス」を「小説新潮」に掲載させていただくことになりました! 江國香織さんをはじめ、大好きな作家さんが書いていらっしゃるような雑誌に掲載させていただけること、とても嬉しいです。ぜひ、手にとって読んでみてください!

■「小説新潮」担当編集者コメント
 小誌に掲載させていただく宮田愛萌さんの「ハピネス」は、少女が大人になる過程で経験する切ない思いと経験が丁寧に描写された短編小説です。その繊細な心理描写や巧緻な表現に、拝読しながら何度も溜め息をつきました。大人になるということは、なにかを諦めていくことなのかもしれない。冬の陽のような優しさに、微かな諦観が滲む少し大人の物語を、単行本の発売に先駆けて、一足早く皆様にお届けできますことをとても嬉しく思っています。ご期待ください。

■掲載情報( https://www.shinchosha.co.jp/news/article/2966/
宮田愛萌「ハピネス」
【掲載】「小説新潮」2023年2月号 1月20日(金)発売
【定価】1000円(税込)    

 

==『きらきらし』書籍情報==

撮影/熊木優撮影/熊木優

■愛する万葉集をモチーフにした連作短編小説集
 宮田さんが高校生の時に出会い、その自由さ・面白さ・奥深さに魅了され、大学でも学んだのが、大好きな万葉集。本書は、その万葉集から好きな和歌を5首選んで、歌から自由に想像を膨らませていった連作短編小説集です。執筆にあたり、既に自宅に大量にある資料の他、新たに20冊以上も揃えた宮田さん。「普段はこれ以上本を増やさないで、と家族に言われますが、今回万葉集の資料が堂々とたくさん買えちゃうのが嬉しくて。ついつい読みふけってしまいました」

■小説×写真の魅力全開! くるくる変わる豊かな表情が詰まった一冊に。
 小説を元に、万葉集の舞台・奈良で行われた撮影は、宮田さんがやりたいことを思いきり詰め込みました。特に、万葉集の資料がたくさん揃った万葉文化館は真っ先に名前が上がったほど。小説を元に「奈良への旅」をテーマとして撮影した写真は、まるで宮田さんと一緒に旅したような気分を味わえます。花畑で無邪気にはしゃぐ姿や、ネイルを塗る大人びた表情、メンバーともよく行くアフタヌーンティーでケーキをほおばる様子など、2期生の中でも姉的立ち位置で「綺麗なお姉さん」の印象が強い宮田さんの、くるくる変わる豊かな表情が見どころです。今回、宮田さんたっての希望で、2年前の大学の卒業式でも着た、両親に買ってもらったという思い出の振袖で、レアな袴姿も再現。アイドルとしての卒業を記念した一冊に。
 

撮影/熊木優撮影/熊木優

【書籍情報解禁時(2022年12月26日)宮田愛萌さんコメント】
 ごきげんよう。宮田愛萌です。大学で学んだ大好きな万葉集をテーマに小説を書かせていただきました。これをきっかけに、そんなに万葉集が面白いなら読んでみようかな……?と思っていただけたら嬉しいです。また、撮影では憧れの奈良に行かせていただきました。神社やお寺などの歴史をあびたり、古書店や万葉文化館を楽しんだり、お仕事だということを忘れてすごく満喫しました。御朱印をいただけたのがすごく嬉しくて思い出に残っています。それから、万葉文化館の図書室では面白そうな本をたくさん見つけたのですが、ゆっくり読む時間はなかったので、またプライベートでもお邪魔したいなと思っています!
 秋ごろから少しずつ進めていた執筆が終わってしまうのはさみしいですが、卒業制作だと思って、ところどころに私のお気に入りのものたちのエッセンスを詰め込んで書かせていただきました。普段読書をしないというような皆さまにも手に取っていただけたらなと思っています。アイドル宮田愛萌が、ただの宮田愛萌になるはじめの一歩の一冊を、どうかよろしくお願いいたします。

【著者プロフィール】
宮田愛萌(みやたまなも)
1998年4月28日生まれ、東京都出身。2017年、けやき坂46追加メンバー募集オーディションに合格し、けやき坂46の2期生としてデビュー。2019年2月の日向坂46へのグループ改名後も精力的に活動を続ける。2022年9月にグループから卒業することを発表した。2023年1月いっぱいで活動を終了予定。
 
【カメラマンプロフィール】
熊木優(くまきすぐる)
io所属。愛知県生まれ。愛知淑徳大学卒業。日本デザイナー芸術学院写真学科卒業。代官山スタジオを経て2011年今城純氏に師事。2014年独立。

【『きらきらし』あらすじ】
 小学三年生の希南がバレエ教室の見学で出会ったのは、同い年のカレン。高校生になっても仲の良い二人だったが、カレンの兄・圭と久しぶりに会った希南は、意図的に圭に近づいていく(「ハピネス」)、引っ越しを控えた瞳子が坂道で出会ったのは、猫を撫でる少年だった。猫を通じて縮まる二人の距離。引っ越しの前日、最後に瞳子は少年にあるお願いをする(「図書館へ続く坂道」)、恵梨は日本文学科の大学生。今までなら絶対話さないタイプの男子・朝紀と、和歌をきっかけに仲良くなる。ところが朝紀を怒らせてしまって(「紅梅色」)。他、全5編。

■書籍概要
【タイトル】きらきらし
【造本】四六判 128ページ(うちカラー48ページ)
【本体価格】1,800円
【発売日】2023年2月28日(火)
【ISBN】978-4-10-354941-3
【特典】ポストカード3種類中1種封入、特製リーフレット封入
【URL】https://www.shinchosha.co.jp/book/354941/
【公式Twitter】@manamo_manyo

■提供素材DLリンク: https://bit.ly/3IddSDE
※画像使用の際のクレジット表記注意点
写真を使用する際はカメラマンのクレジット(撮影/熊木優)を入れていただくようお願いします。
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。