【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

愛知県の工業高校生たちが自作のロボットで対決!「手作りロボット大激戦 高校生たちの知恵と技」

テレビ愛知株式会社のプレスリリース

今回で15回目となる「愛知県工業高校生ロボット競技大会」の熱き戦いをお届け!2年ごとに競技内容が変わるこの大会。今回は新競技となる「CARRY&STACK!」に挑戦!各チームのアイデアと技が激突します!

【番組概要】
◆番組名:「手作りロボット大激戦 高校生たちの知恵と技」
◆放送日時:2023年1月9日(月・祝)午前11時~午前11時55分(テレビ愛知ローカル)
◆見逃し配信:Locipo・GYAO!・テレビ愛知公式YouTube
◆番組ホームページ:https://tv-aichi.co.jp/r_battle/2023/
◆出演:
解説・リポート:梅崎太造教授(中部大学)
解説・応援実況:いとうまい子
リポート・ナレーション:長江麻美(テレビ愛知アナウンサー)

【みどころ】

今回で15回目となる『愛知県工業高校生ロボット競技大会』の熱き戦いをお届け!
今回の競技はモノを掴んで、移動させ、受け渡し、積み上げるという実際の産業用ロボットの動作に通じるものと言え、実践的な要素が満載!一見、過去の競技に比べて簡単そうに思えるが、精度の高い動きが求められ、加えてスピードも大きなポイントとなり、各チームのアイデアと技術力がみどころに!

●優勝をめざす実力伯仲の数校にフォーカスし、高校生たちの挑戦を伝えます!
強豪校を含めた数校にフォーカスをあて事前訪問。障害物の除去とコンテナの受け渡し、そしてコンテナの積み上げという作業を各校がどんな仕組みで挑戦するのか!?それぞれのアイデアや苦労したポイントなどを詳しく取材!
●大会当日の熱戦の模様を詳しくリポート
2022年12月17日、刈谷市産業振興センターで繰り広げられた大会当日の熱戦の模様を、ロボット工学の権威、梅崎教授と長江アナがリポートします。
また、大会の実況・解説は梅崎教授に加えて、タレント業の傍ら早稲田大学でロボット工学を学び、現在もロボットの研究開発に携わる、いとうまい子が担当。
はたして半年以上かけて挑んだ手作りロボットで覇者となるのはどの高校か!
 
【競技内容】
2年ごとに競技内容が変わるこの大会。今回は新競技となる「CARRY&STACK!」
2台のリモコン型ロボット(キャリーロボット1台、ハイヤーロボット1台)を協力させながらコンテナを積み上げてタワーを作る競技です。キャリーロボットはコンテナの運搬作業、ハイヤーロボットはコンテナの積み上げ作業をそれぞれ行います。競技は、コース上に設置された5個の障害物を除去し、障害物置き場へ納め、8個のコンテナを移動させて受け渡し、積み上げエリアにタワー状に積み上げます。勝敗は3分以内に障害物置き場へ納めた障害物の数と、積み上げたコンテナの数で得点を競います。

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。