【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

木村拓哉が表紙とインタビューに登場 「生身の『信長』に一対一で向き合った」/AERA1月16日発売

株式会社朝日新聞出版のプレスリリース

1月16日発売のAERA2023年1月23日号の表紙には、木村拓哉さんが登場します。映画「レジェンド&バタフライ」で織田信長を演じる木村さんは、信長の迫力や存在感をそのままたたえています。インタビューでは「生身の『信長』に一対一で向き合った」と、信長やこの作品への並々ならぬ思いを語りました。巻頭特集は表紙と関連し「戦国武将に学ぶリーダー力」。信長、秀吉、家康のリーダー力を子細に独自分析しました。大好評連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」は、舞山秀一さんに海で写真を撮るときの光のコントロールについて教えてもらいました。同じく大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、木村多江さんとの対談の最終回。木村さんがズバリ「それで、どうなの? 洸平くんは、結婚とか」と切り込みました。社会を読み解く「未婚化・少子化進む日本の若者の本音」、世界中の注目を集める「ヘンリー回顧録」の内容を分析する記事も。ほかにもさまざまな企画が詰まった読み応えある一冊です。

  • 表紙&インタビュー:木村拓哉

表紙に登場する木村拓哉さん主演映画「レジェンド&バタフライ」の公開が控えます。演じる織田信長については、「歴史とともに大きくなったイメージをはぎ取って、”生身の人間”を見せたい」と語ります。濃姫役の綾瀬はるかさんとは3度目の共演。現場で二人で話し合い、作戦を立ててシーンを構築していったと、息ピッタリの様子を話してくれました。昨年は「ぎふ信長まつり」に46万人が集まったことも話題になりました。「自分を求めてくれる”現実的な存在”が、自分のとても大きな支えになっています」と語ります。撮影はもちろん蜷川実花。幻想的な森の中に迷い込んだようなセットの中で、唯一無二の存在感を放つ木村さんの写真の数々をぜひ誌面でご確認ください。
 

  • 巻頭特集「戦国武将に学ぶリーダー力」

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康はどんな人物だったのか、現代社会に生きる私たちが学ぶべきポイントは何か、専門家への取材を重ね独自に分析した特集です。信長は「人を見る目」「素早い決断力」は突出していますが、感情で評価する点がマイナス。秀吉は「人たらし」「目配りできる点」は高評価ですが、トンデモ人事をするところが難点。家康は「根回し上手」「ぶれなさ」「情報管理力」で260年続く江戸時代の礎を築きましたが、ケチところが欠点など、現代にも通じる分析です。『のぼうの城』『村上海賊の娘』などの作品がある小説家の和田竜さん、歴史好きとして知られるタレントの山崎怜奈さん対談や、推し武将・推し姫に迫る記事もあります。
 

  • 向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン

好評連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」は、前回に続き、舞山秀一さんと九十九里浜の海での撮影です。「海で撮るときってどう撮る、っていうのもね、知りたいし」という向井さんに、舞山さんが、海での逆光と順光の使いわけをはじめとする光のコントロールの仕方や、男性と女性とでも異なる撮り方、そして狙い目の時間帯などを教えてくれました。さらに、複数枚の写真で構成する「組写真」にも挑戦。砂浜にぽつんと立つ1本の柱を使って撮影した作品には、独自の視点が光ります。被写体となった向井さん自身が「もう全部(誌面に)のっけたいよな」と言った、舞山さん撮影の「絵になるっていうか、めちゃかっこよかった」写真とともに、二人の共通の趣味に端を発する雑談多めのトークもお楽しみください。
 

  • 松下洸平 じゅうにんといろ

木村多江さんがゲストの対談は今回で最終回です。木村さんは、これまでの対談で触れられてこなかったから「ちゃんと聞いておこう」と、「それで、どうなの? 洸平くんは、結婚とか」と切り込みます。松下さんは笑いながらも、恋愛や結婚と仕事のバランスへの考え方などについて、しっかりと自分の言葉で語っています。木村さんと信頼関係があるからこそ話せる内容がたくさん詰まった対談、必読です。
 

  • 未婚化・少子化進む日本の若者の本音

生涯未婚率は男性28%、女性18%。出生数は80万人割れと、未婚化・少子化が進む日本。なぜなのか、若者たちや専門家などに取材をし、その背景を深掘りしました。経済的問題、性別役割分業の問題、仕事との両立の問題。結婚や出産という選択肢を取りにくくなる現実に何が影響しているのか、考えます。
 

  • 「ヘンリー回顧録」の衝撃

チャールズ英国王の次男ヘンリー王子の回顧録『スペア』が世界で話題を呼んでいます。その内容は今回も「自己正当化路線」だといいます。どんなことが書かれているのか、今後の展開はどうなるのか、英王室をウォッチしてきたジャーナリストの記事です。

ほかにも、

  • 米国は四つの分断へ バイデン大統領機密文書問題の影
  • 愛子さま、佳子さま SNSより先に女性皇族の会見を
  • 王将戦 藤井聡太VS.羽生善治 「うさぎ年の一手」
  • 大リーグ千賀滉大と吉田正尚 総額100億円契約の理由
  • 宇野昌磨の「挑戦心」 世界選手権での飛躍を期待
  • 「死にたい」に引き込まれない SNSで増幅する「希死念慮」
  • 夫婦から養子に形を変えても家族 父親が「心は女性」とカミングアウト
  • 「年賀状マウント」 写真見て悔し涙
  • ソニーな人たち⑧逆襲の鍵は巨大データ
  • 大宮エリーの東大ふたり同窓会 ゲスト・宮田裕章さん回の振り返り
  • 現代の肖像 山田由梨・劇団「贅沢貧乏」主宰

などの記事を掲載しています。

※発売日の1月16日(月)正午からは、公式ツイッター(@AERAnetjp)と公式インスタグラム(@aera_net)で、最新号の内容を紹介する「#アエライブ」を行います。ぜひこちらもチェックしてください。

 
AERA(アエラ)2023年1月23日号
定価:440円(本体400円+税10%)
発売日:2023年1月16日(月曜日)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0BQ39L5MK

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。