【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

石原詢子「アコースティックライブvol.3〜バースデースペシャル♪」開催!

株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ レガシープラスのプレスリリース

演歌歌手・石原詢子が1月12日(木)吉祥寺スターパインズカフェにおいて、「アコースティックライブvol.3〜バースデースペシャル♪」を昼夜2回開催した。 この日は石原本人の誕生日ということで、2回とも公演内容が異なる、まさにバースデースペシャルという内容となった。

昼公演の第1部はテーマを“オリジナルソング”とし、初春らしく梅の柄の着物を着て自身のオリジナル曲だけを披露する回。
ライブは、NHK「お江戸でござる」のエンディングテーマとなった「花暦」から華やかに幕を開けた。 続いては、吉幾三作曲で石原自身の故郷について書かれた「濃尾恋歌」。
ここで最初のMC。 挨拶につづいて、子供の頃は自身の誕生日は元旦と一緒に祝われていたことや、これまではひっそり誕生日を迎えていたものの、今年はコロナ感染対策をした上やっとライブができること、デビュー35周年のアニバーサリーイヤーでもあるので、皆さんと一緒に祝いたいといった喜びの気持ちを語った。
そして、デビュー当時を振り返って時系列に沿ってお届けするコーナーへ。 まずはセカンドシングルの「あなたにとまれ」。 何十年ぶりかとなる、なかなかお客様の前では披露していない曲ということもあり、会場からは喜びの拍手が起こった。 続いてカップリング曲ながらファン人気の高い「月見草」ではギターメインのアレンジに生まれ変わり、会場をアコースティックの世界に引き込んだ。
続いて披露したのは「夕霧海峡」。 この頃に両親との別れを経験し、“この歌でこの世界で生きていく覚悟を決めた”という自身のターニングポイントともなった楽曲を情感たっぷりに歌い上げた。 続いて石原の代名詞とも言える“しあわせ演歌”の「きずな酒」を披露。 感染対策で声は出せないものの「遠慮なく手拍子してくださいね」と観客をいざない、会場が笑顔に溢れ、まさしくしあわせな温かい空気に包まれた。
「やっぱり生はいいよね!」という観客のかけ声に反応した石原。 「私、耳が良くて“地獄耳”って言われるの。耳もいい、目もいい、顔もいい!?」 と笑いを誘った。
そして、ライブは中盤へ。 「おもいでの雨」と「通り雨」をメドレーでしっとりと歌い上げ、続く「ふたり川」では、観客から自然と手拍子が生まれ、雰囲気も一転、会場が一体となって盛り上がった。
詩吟の家元でもある石原が、予定にはなかったものの朱熹が書いた「偶成」を風格たっぷりに吟じた。
本編ラストは最新シングルの「予感」。 自身のデビュー記念日に、自身初のデジタルシングルとしてリリースされた楽曲。 「このコロナ禍で心身ともに疲れた皆さんを優しく包み込む楽曲になりますように」という願いを込めて歌唱、万感の思いを胸に温かい拍手の中ステージを下りた。
鳴りやまないアンコールの拍手の中、再び登場した石原。 アンコール1曲目は、アコースティックライブを行うキッカケとなった楽曲「ただそばにいてくれて」。 古内東子作詞作曲による楽曲で、ファン人気も高く、「いつも“そばにいてくれて”ありがとう」という思いを込めた自身も大切にしている一曲。
そして、ラストは内なる激しい情念を歌う「雪散華〜ゆきさんげ〜」を力強くドラマチックに歌い上げ、拍手喝采の中、笑顔で手を振り約75分にわたるステージに幕を下ろした。

夜公演となる第2部はテーマを“Jun’s STORY”とし、幼少期から自身に大きく影響を与えた楽曲を時系列に沿って選曲した音楽旅行的構成。
着物で登場した1部とは打って変わって、黒のクールなロングドレスに身を包み、自身の生まれた1968年にピンキーとキラーズが歌い大ヒットした「恋の季節」で幕開けし、会場は溢れる手拍子とともに冒頭から大きく盛り上がった。
小学生の時に初めて買ってもらったレコード「およげ!たいやき君」。 そして、この曲は外せない、自身が歌手への道を志すキッカケとなったと語る「津軽海峡・冬景色」。 詩吟・揖水流の家元の長女として生まれ、家元である厳格な父親の反対を押し切って上京したこともあり、この曲は自分を奮い立たせる大事な1曲である。
厳しい父親が仕事で不在の間、テレビの音楽番組を観ることと、こっそりラジオ放送を聴くことが楽しみだったと話し、少女時代の思い出が蘇るという楽曲をメドレーで披露。 「時の過ぎゆくままに」「雨の慕情」、「まちぶせ」「19:00の街」「聖母たちのララバイ」と70年代中盤から80年代前半の珠玉の名曲を、リスペクトを込めて歌い上げた。 そして、上京後、アルバイト先のコンビニエンスストアの店内の有線放送でよくかかっていたというレベッカの「フレンズ」をオリジナルアレンジでエモーショナルに歌い切った。
上京時に父親から出された3つの条件(新聞配達、自活、実家に毎日電話をする)のうち、一番最初に破ったのは“実家に毎日電話をすること”。 何日も電話がなく、心配に思った父は岐阜から上京し石原の住むアパートへ。 小さなアパートの部屋で父とふたり、その時にテレビに映った吉幾三さんを見て、父からかけられた言葉は“この人のように心に届く歌手になりなさい。 目標を達しなさい”。 今は亡き父とのエピソードを語り、涙ながらに吉幾三の「酔歌」を歌唱した。 ラストは石原詢子のデビュー年、チョー・ヨンピルが歌い歌謡界で大ヒット、石原もよくカラオケで歌っていたという思い出の「想いで迷子」で自身の音楽歴史を辿ったステージは幕を閉じた。

会場の鳴りやまないアンコールの拍手の中、この日のライブために作ったオリジナルTシャツに着替え再び登場、原点であるデビュー曲の「ホレました」を披露。
そして最後は新曲の「予感」。 元々1994年にアルバム曲として収録した楽曲で、このアコースティックライブで披露したことをきっかけに、ファンからの根強い人気を受け、シングルリリースされた。 石原の“今”を感じることのできる1曲である。
ライブ終了後、石原は「1部ではたっぷり“しあわせ演歌を”お届けできて、2部では生まれてからデビューするまでの当時の思い出が走馬灯のように蘇ってきて、両部ともとても楽しく歌うことができました。 たくさんの皆さんにお祝いしていただいて思い出に残る誕生日になりました。 ありがとうございました。 今年はデビュー35周年という節目の年ですので、できること・やれること・やりたいこと、積極的にあらゆることにチャレンジし、新たな扉を開いて引き出しをたくさん作っていきたいと思います! 引き続き応援の程、よろしくお願いいたします。」 と語った。

また、このライブ終演後に石原詢子「ただそばにいてくれて~Acoustic Version~」Music VideoがYouTubeにて公開された。 石原にとって、いつもそばにいてくれる愛猫「だいず」と「きなこ」の成長を追ったシーンで構成されたスペシャルバージョンとなっている。
https://www.youtube.com/watch?v=m52vZ3NuCiU

 

 

 

 

 

なおこのライブは1月18日(水)23:59までアーカイブ配信中。
※販売受付期間:~1月18日(水)20:00まで
配信URL
1部:https://eplus.jp/sf/detail/3742800001-P0030001
2部:https://eplus.jp/sf/detail/3742810001-P0030001

石原詢子Acoustic Live vol.3 バースデースペシャル♪~オリジナルソングver.~セットリスト
M1 花暦
M2 濃尾恋歌
M3 あなたにとまれ
M4 月見草
M5 夕霧海峡
M6 きずな酒
M7 おもいでの雨
M8 通り雨
M9 ふたり川
M10 予感
~アンコール~
M11 ただそばにいてくれて
M12 雪散華〜ゆきさんげ〜

石原詢子Acoustic Live vol.3 バースデースペシャル♪~Jun’s STORYver.~セットリスト
M1 恋の季節
M2 およげ! たいやき君
M3 津軽海峡・冬景色
M4 時の過ぎゆくままに
M5 雨の慕情
M6 まちぶせ
M7 19:00の街
M8 聖母たちのララバイ
M9 フレンズ
M10 酔歌
M11 想いで迷子
~アンコール~
M12 ホレました
M13 予感

デジタルシングル「予感」好評配信中 https://lgp.lnk.to/0F9RBBHe
「予感」Image Video Short Version https://youtu.be/LfOJl8CySx0
CDシングル「ただそばにいてくれて」好評発売中 https://va.lnk.to/I7ya36

 

予感予感

 

ただそばにいてくれてただそばにいてくれて

石原詢子情報 https://lit.link/JunkoIshihara

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。