【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

2022年ドラマ「ベストカップル」ランキングベスト6【300人へのアンケート調査】

株式会社WonderSpaceのプレスリリース

エンタメ情報Webマガジン「TVマガ」(https://saru.co.jp/tvmaga/)を運営する株式会社WonderSpaceは、ドラマに関するWeb調査を行いました。その結果を公開いたします。
 

2023年の新ドラマが次々に放送され、盛り上がっています!

2022年にもたくさんのドラマが放送され、SNSでもさまざまなシーンが話題になっていました。その中で今回はベストカップルに着目!

TVマガでは、2022年に放送された連続ドラマの「ベストカップル」について300人にアンケートを実施。人気の高かったカップルをランキング形式で投票理由とともにご紹介します。

1位:「silent」目黒蓮(佐倉想)×川口春奈(青羽紬)

第1位は「silent」の目黒蓮さんと川口春奈さん。物語は、高校時代に恋人・佐倉想(目黒蓮)から一方的に別れを告げられた主人公・青羽紬(川口春奈)が、8年後、想と偶然の再会を果たしたことからはじまるラブストーリー。想が若年発症型両側性感音難聴を発症していたことを知った紬。音のない世界で再び出会った二人が紡ぐ繊細な物語と目黒蓮さんと川口春奈さんのケミストリーはファンの心を掴み、見事ランキング1位に輝きました。

選んだ理由

「2人がお互いを思いあっている姿に感動し、心打たれました。一度離れ離れになってしまいましたが、また再会し葛藤しながらも2人の想いが重なって良かったです」(さや)

「手話で会話している時も、相手のことを想っているのが伝わってきて、すれ違いもあるけれど、二人で歩み寄っているのがとてもよかったです」(タロタロ)

「お互いがお互いを想う気持ちが素敵でとってもお似合い。何度もすれ違った二人だけど最後に思いを伝えあった瞬間は最高だった」(miz)

 第2位:「六本木クラス」竹内涼真(宮部新)×平手友梨奈(麻宮葵)
 
 第2位は「六本木クラス」の竹内涼真さんと平手友梨奈さん。ドラマは、韓国ドラマ「梨泰院クラス」のリメイクで、人生の崖っぷちに立たされた青年・宮部新(竹内涼真)が、IQ162のインフルエンサーで、ソシオパスの帰国子女・麻宮葵(平手友梨奈)ら仲間とともに、金と権力を振りかざす巨大企業に立ち向かっていくさまを描くリベンジ&サクセスストーリー。

選んだ理由

「まっすぐで強くて頼もしくて、でも恋愛に関しては鈍感でポンコツな新と、こちらもまっすぐで頼もしくて綺麗で可愛い葵のカップルはお似合いだし応援したくなりました」(allbackaya)

「葵も新も志が高くて、常に同じ方向を向いてお互いを高め合える関係がいいなと思いました。葵の好き好きアピールに戸惑う新も可愛いです」(まりも)

「歳の差もあって考え方が違っていた2人が、葵の片思いから互いに惹かれあっていく様子にとてもときめいて胸がキュンとしてよかった」(まめちゃん)

 ​3位:「ファイトソング」清原果耶(木皿花枝)×間宮祥太朗(芦田春樹)

第3位は「ファイトソング」の清原果耶さんと間宮祥太朗さん。物語は、空手の日本代表を目指しながらも交通事故により夢を断たれ、無気力に毎日を過ごす木皿花枝(清原果耶)が、落ちぶれた一発屋のミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗)と出会い、ひょんなことから“嘘だけど本気の恋愛”にチャレンジしていくラブコメディー。恋愛を通して再起を図る二人の奮闘と成長がみどころの作品です。

 選んだ理由

「お互いに事情がありながら期間限定カップルを始めた二人。恋愛初心者の二人ならではの初々しい感じがかわいくて、ずっと幸せでいてほしい」(ぱん)

「耳が聞こえなくなる花枝と、歌を作ろうと苦しんでいる春樹は、交際の真似を始めましたが、次第に相手のことを思いやり好きになるのが良かったです。不器用な2人が愛情を深めて結ばれるのに感動しました」(パプリカクレープ)

「自分の居場所が分からない2人がジタバタしながら付き合うことになり、お互いに問題を抱えながら歩み寄ったりすれ違ったり、問題に向き合い理解し合いながら、お互い支え合って成長していくところが良かった」(あん)

4位:「silent」川口春奈(青羽紬)×鈴鹿央士(戸川湊斗)

「silent」が1位に続き、川口春奈さんと鈴鹿央士さんカップルにペアを変えて4位にランクイン!青羽紬(川口春奈)と、彼女の現在の恋人・戸川湊斗(鈴鹿央士)の組み合わせは平凡ながらも思いやりに溢れ、元カレの佐倉想(目黒蓮)とのカップルに劣らず、お似合いのカップルとして人気を集めました。

選んだ理由

「ハッピーエンドの結末のカップルではなく、別れてしまったけど結局この二人が本当にベストカップルだったなぁと思いました。紬のことをなんでもわかってるのはやっぱり湊だったなぁ」(のゆ)

「ふたりでいると穏やかな空気が漂っていて、どちらもお互いを思う気持ちがあり、思いやりにあふれている感じがした」(23)

「穏やかながらも些細なことに幸せを感じられて、付き合っている年数が長くなってもお互いに思いやる気持ちを忘れない素敵なカップルだった」(はな)

「世間で話題になっているのは紬と想カップルだが、湊斗といるときの紬が好きだし湊斗自身とても魅力的なキャラクターだと思った」(やーまん)

5位:「君の花になる」本田翼(中町あす花)×高橋文哉(佐神弾)

第5位は「君の花になる」の本田翼さんと高橋文哉さん。物語は、元高校教師の仲町あす花(本田翼)が、ひょんなことから元教え子・佐神弾(高橋文哉)がリーダーを務める崖っぷちボーイズグループ『8LOOM』の寮母となり、彼らのトップアーティストになる夢に一緒に向かっていきながら成長していく姿を描く人生再生ストーリー。

選んだ理由

「久しぶりに再会した弾とあす花がお互いに出来ることを精一杯やって行く中で、恋愛感情がお互い出てきて、お互いに花丸を付け合える関係になったのが良かった」(ふみくん)

「元高校教師と教え子と言う関係と、さらにアイドルと寮母という関係もあり、設定だけでも萌える要素が多くて良かった」(ゆき)

「元先生と生徒なのに生徒側の男の子がリードしているような感じもあるしお互いに成長していけるような関係が運命的で応援したくなるようなカップルでした」(T T)

6位:「オールドルーキー」綾野剛(新町亮太朗)×榮倉奈々(新町果奈子)
6位:「魔法のリノベ」波瑠(真行寺小梅)×間宮祥太朗(福山玄之介)
6位:「エルピス-希望、あるいは災い-」鈴木亮平(斉藤正一)×長澤まさみ(浅川恵那)
6位:「NICE FLIGHT!」玉森裕太(倉田粋)×中村アン(渋谷真夢)
 

——————————————
【調査概要】
・調査期間:2022年12月16日~2023年1月10日
・調査機関:自社調査
・調査対象:10~50代以上の男女(性別回答しないを含む)
・有効回答数:300名
・調査方法:公式Twitterアカウント、他インターネット
——————————————

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。