【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

「スター・ウォーズ」始めるならここから!NYタイムズでベストセラーのヤングアダルト小説「ハイ・リパブリック」がGakkenから待望の邦訳発売!

株式会社 学研ホールディングスのプレスリリース

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社Gakken(東京・品川/代表取締役社長:五郎丸 徹)は、『スター・ウォーズ ハイ・リパブリック:イントゥ・ザ・ダーク』の上下巻を2023年2月24日に同時発売予定。

「スター・ウォーズって前から興味あるんだけど、どこから入ればいいいのかわからない」そう思いながら、なかなか手が出せずにここまで来てしまった人は多いのではないだろうか。なにせ、映画は本編が全9作、スピンオフが2作、アニメやドラマも多く、「どの作品から見るべきか?」という論争もファンの間では絶えない。

そんな人におすすめしたいのが、この度Gakkenから発売される「スター・ウォーズ ハイ・リパブリック」シリーズだ。本シリーズは一連の「スター・ウォーズ」映画の約200年前の時代を描いた出版物を中心とするオムニバスシリーズで、アメリカではいくつもの小説(大人向け、ヤングアダルト向け、ジュニア向け)やコミックでクロスメディア展開される一大群像劇である。作品ごとに主人公も異なり、どのタイトルから読んでも良いつくりとなっている。当然ながら、映画でおなじみのルークやダース・ベイダーらは一切登場せず、これまでの映像作品を見ていない人でも十分に楽しめ、往年のファンも新たなスター・ウォーズ世界へとつれていってくれる。
 

 

 

©&TM 2023 LUCASFILM Ltd. ついに公開!日本版用に描き下ろされたオリジナル表紙!©&TM 2023 LUCASFILM Ltd. ついに公開!日本版用に描き下ろされたオリジナル表紙!

 

 

日本では2021年に大人向けタイトルの第1弾となる『スター・ウォーズ ハイ・リパブリック ジェダイの光』が講談社より発売され、話題を呼んだが、今回Gakkenから発売されるのはヤングアダルト(※米国では一般的に13歳から18歳の読者)向けタイトルの第1弾!「ニューヨーク・タイムズ」のベストセラーにもなった『スター・ウォーズ ハイ・リパブリック:イントゥ・ザ・ダーク』だ! 物語は冒険ぎらいの少年ジェダイ リース・サイラスが遺棄された宇宙ステーションで起こる奇妙なできごとの謎に挑むサスペンスで、揺れ動く10代の心を描いた青春小説としても楽しめる内容となっている。

作者は『ブラッドライン』などのスター・ウォーズ小説でおなじみのクラウディア・グレイ! カバーはイラストレーター5ヘルス氏が描き下ろした日本版オリジナル! 発売は上下巻で2023年2月24日! 現在絶賛予約受け付中! 本書を機に新たなスター・ウォーズの幕開けをご体感ください!

[商品概要]
『スター・ウォーズ ハイ・リパブリック:イントゥ・ザ・ダーク 上』
『スター・ウォーズ ハイ・リパブリック:イントゥ・ザ・ダーク 下』
著者:クラウディア・グレイ
訳者:稲村広香
判型:ソフトカバー 四六判/上巻・下巻 各272ページ
定価:各1,430円(税込)
発売日:2023年2月24日
発行所:株式会社 Gakken

【本書のご購入はこちら】
・学研出版サイト
(上巻)https://hon.gakken.jp/book/1020550600
(下巻)https://hon.gakken.jp/book/1020550700
・Amazon
(上巻)https://www.amazon.co.jp/dp/4052055063
(下巻)https://www.amazon.co.jp/dp/4052055071
・楽天ブックス
(上巻)https://books.rakuten.co.jp/rb/17352190/
(下巻)https://books.rakuten.co.jp/rb/17352188/

 

 

 

「ガッケンのハルガク 2023」では様々なキャンペーンを開催中!
■詳しくはこちらをチェック!
https://kosodatemap.gakken.jp/harugaku/
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。