【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

2022ミス・ユニバース日本代表 坂本麻里ベレン 世界大会「 71st MISS UNIVERSE Competition ®」 平和への祈りを込めたナショナルコスチュームを世界に披露

株式会社 MY groupのプレスリリース

1月14日(日本時間1月15日)、アメリカ・ニューオーリンズで行われたミス・ユニバース世界大会「71st MISS UNIVERSE Competition®」に、日本代表 坂本麻里ベレンが出場いたしました。

 「71st MISS UNIVERSE Competition®」 「71st MISS UNIVERSE Competition®」

ミス・ユニバース® ジャパン https://www.missuniversejapan.jp/
公式Instagram https://www.instagram.com/missuniversejapan/
公式TikTok https://www.tiktok.com/@missuniversejp_official

 

坂本は、昨年8月、東京・山野ホールにて行われた、株式会社MY group主催「2022ミス・ユニバース® ジャパン ファイナル」にて優勝。東京都出身の料理講師で、ペルー人の父、日本人の母を持つ24歳(1998年12月21日生)です。

1月11日(日本時間1月12日)に行われた「Preliminary Competition(予選)」では、水着審査で女性解放運動に尽力した明治時代の歌人・与謝野晶子が日露戦争に出兵する弟に宛てて書いた詩をあしらったケープを羽織って登場。イブニングドレス審査では、着物をモチーフに日本の伝統美を存分に生かしたドレスで会場を魅了しました。

 「71st MISS UNIVERSE Competition®」Preliminary Competition 「71st MISS UNIVERSE Competition®」Preliminary Competition

 「71st MISS UNIVERSE Competition®」Preliminary Competition 「71st MISS UNIVERSE Competition®」Preliminary Competition

  「71st MISS UNIVERSE Competition®」Preliminary Competition 「71st MISS UNIVERSE Competition®」Preliminary Competition

続いて行われた「National Costume Show」では、世界で唯一の被爆国である日本から“平和”のメッセージを発信するため、330羽以上の折り鶴を使ったドレスを身に纏い、2200羽以上の折り鶴を使った錫杖(しゃくじょう)を携帯。折り鶴は、岸田文雄内閣総理大臣をはじめ、長崎県知事ほか多くの方々に折っていただきました。また、サステイナブルを目指し、古着の着物や、貸衣装屋で使用しなくなった白無垢をリメイク。ステージ上では錫杖を捧げ持ち、深く一例するパフォーマンスを披露しました。

 「71st MISS UNIVERSE Competition®」 「71st MISS UNIVERSE Competition®」

▼Miss Universe YouTube
https://www.youtube.com/@OfficialMissUniverse/videos

残念ながらTOP16入りは叶いませんでしたが、大会を終えた坂本は「大会期間中は、毎日が刺激に溢れて楽しくて、幸せでこの10日間はとても一瞬でした。一生忘れることのできない10日間です」とコメントを寄せています。

なお、「2023ミス・ユニバース® ジャパン」は1月29日(日)までエントリー受付中。今年から出場条件として、婚姻または婚姻歴あり、妊娠中、出産経験ありの女性も応募が可能となっております。詳しくは公式サイトにてご確認を。

ミス・ユニバース® ジャパン https://www.missuniversejapan.jp/
公式Instagram https://www.instagram.com/missuniversejapan/
公式TikTok https://www.tiktok.com/@missuniversejp_official

 

  • 坂本麻里ベレン コメント 全文

 「71st MISS UNIVERSE Competition®」Preliminary Competition 「71st MISS UNIVERSE Competition®」Preliminary Competition

世界大会が終わり無事に日本に帰ってきました。

2022年のミス・ユニバース日本代表として、世界大会へ出場できた事をとても誇りに思っています。

大会期間中は、毎日が刺激に溢れて楽しくて、幸せでこの10日間はとても一瞬でした。一生忘れることのできない10日間です。

正直、自分が望んだ結果には至らずとてもとても悔しいですが、ここで得た経験を活かして更に強くなった坂本麻里ベレンをみなさまにお見せしていきたいと思います。

世界大会に行くまでの期間、本当に多くの人のサポートがあり10日間を過ごす事が出来ました。

周りの方にとても恵まれ、体力、精神面だけではなく多方面から手を差し伸べて下さり、サポートしてくださる方が多く感謝でいっぱいです。

本当にありがとうございました。パワー溢れる日本代表としてこれからも精進してまいりますので応援宜しくお願い致します。

 

 

 「71st MISS UNIVERSE Competition®」 「71st MISS UNIVERSE Competition®」

2022年度 ナショナルコスチューム デザインコンセプト
2022 ミス・ユニバース日本代表が世界大会で着用するナショナルコスチュームは「平和」をテーマに「千羽鶴」をモチーフにしたデザインで衣装を制作中。平和都市の長崎出身のデザイナー(Die-co★)の指揮のもと、日本国民の皆様のお力をお借りして折られた鶴をナショナルコスチュームに使用いたします。
紙の鶴以外で使用する衣装の布は、古着の着物や、貸衣装屋で使用しなくなった白無垢をリメイクし、サステイナブルの衣装に仕上げます。
多くの方々から受け取った平和への祈りを鶴に込め、皆様を代表して坂本麻里ベレンが世界大会にて平和の意を発信します。

 

<2022 ミス・ユニバース日本代表 坂本麻里ベレン>
生年月日:1998年12月21日生(24歳) 出身地:東京都出身
ペルー人の父と日本人の母のもとに日本で生まれる。幼少期から日本で育ち、音楽を5歳から始め、4つの楽器(ピアノ・クラリネット・コントラバス・エレキベース)を習得。大学を卒業後は、祖母の教育の影響もあり、全国に100以上の料理スタジオを運営する企業で、料理講師として活動。料理教室にてフードロス削減レッスンを講師の立場で教える過程で、食料問題や貧困問題への興味・関心が高まり、社会課題を解決するプラットフォームの側面もあるミス・ユニバースを目指す。これからはミス・ユニバース日本代表として、日本のみならず世界における様々な食糧に関する問題を解決できるような活動を行っていくことを目指している。
 

<株式会社MY group 美馬寛子 代表取締役兼ナショナルディレクター>
2008年ミス・ユニバース日本代表。ミス・ユニバース世界大会でTop15、Best of Asiaの成績を収める。その後、インターナショナルモデルを務め、またミス・ユニバース受賞者を多く輩出した指導者による美に対するメソッドを学んだ。2018年に株式会社MY group を設立、そして日本で最年少・日本人女性初となる「ミス・ユニバース・ジャパン」の運営権を取得し、ナショナルディレクターとして任命される。女性リーダーの発掘と育成や、女性の強さを世界へ広げるミス・ユニバースブランドのさらなる向上と共に、現代の日本人の魅力を世界に広める活動を展開。ファッション・ヘアメイク・ウォーキング・立ち居振る舞いなどの外見の美しさのみならず、メンタル部分の内面を磨いていくメソッドを日本女性のみならず多くの人々に指導している。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。