【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

K-POPアイドルグループIVEが表紙とインタビューに登場 「自分のよさは堂々と見せたい」/AERA1月23日発売

株式会社朝日新聞出版のプレスリリース

1月23日発売のAERA2023年1月30日号の表紙に、K-POPアイドルグループIVE(アイヴ)の6人が登場します。紅白歌合戦初出場を果たし勢いに乗るIVE。平均年齢18.1歳という彼女らの魅力と素顔に迫りました。蜷川実花撮影の華やかな写真と共にご覧ください。巻頭特集は「性教育の現在地」。性情報があふれる現代に、性についてのきちんとした知識を子どもたちに伝えることは必須ですが、それを阻むものがあります。それは何なのか、現在地とその問題点を探ります。大みそかの風物詩「紅白歌合戦」。今回は、その制作統括を務めたNHKのチーフプロデューサーが紅白にかける思いや視聴率のプレッシャーについて赤裸々に語りました。他では読めない独占インタビューです。大好評連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、新ゲストを迎えました。動物好きの松下さんが会いたかったという獣医師の太田快作さんです。Sexy Zone、King & Prince、Snow Manなど豪華なメンバーが集結したジャニーズカウントダウンのステージを撮り下ろし写真でレポートする記事もあります。他にも独自視点の記事が詰まった読み応えある一冊です。

  • 表紙&インタビュー:IVE

表紙に登場するIVEの6人は「自分のよさは堂々と見せる」がコンセプト。洗練されたビジュアルも含め、今のZ世代の感覚に刺さっています。インタビューでは「私たちが大切にしている精神は”ラブ マイセルフ”」(ウォニョン)、「”自分らしく”がコンセプトの一つ」(イソ)、「流行に関心を持つけれど、追いすぎない」(ユジン)と、自分たちが大切にする思いについて語っています。唯一の日本人メンバーのレイはネイティブ並みの韓国語をマスター。「通っていた韓国の高校で自然と鍛えられました」と言います。ポップなカラーの花々に囲まれた撮影では、彼女たちの魅力が全開に。蜷川実花とのコラボレーションは必見です。
 

  • 巻頭特集「性教育の現在地」

正しい性教育は、性情報にあふれる中で暮らす子どもたちを守るほか、セクハラや強制性交罪などの抑止にもつながります。ただ、多くの学校では学習指導要領の「はどめ規定」のため、積極的な性教育が行えていません。何が問題なのか、その背景には何があるのかを探りました。自民党と旧統一教会の問題が指摘されてきましたが、そこにある「伝統的な家族観」がいかに世界的な流れに逆行しているかも論考しています。野田聖子さん、ryuchellさん、清田隆之さんらも性教育への思いを語っています。
 

  • 紅白チーフプロデューサー「視聴率と危機感」

大みそかに行われる「紅白歌合戦」は「国民的番組」と言われます。ただ、昨今のテレビ離れなどから、かつてほどの視聴率は難しく、試行錯誤が続きます。その紅白の制作統括を務めたNHKの加藤英明チーフプロデューサーがAERAのインタビューに答えました。視聴率への危機感、その年を象徴する番組としてどんな思いを込めたのか、ネットを活用した時代に合った新しい挑戦など、さまざまな観点から率直に語っています。
 

  • 松下洸平 じゅうにんといろ

今号から獣医師の太田快作さんを新しいゲストに迎え、4回の対談が続きます。子どものころから動物好きだったという松下さんは、お母さんがよく捨て猫や捨て犬を拾ってきたという昔話を披露します。まったく違う職業の方が対談相手ということもあり、いつもとは違う松下さんの一面を垣間見ることができる貴重な内容です。
 

  • Sexy Zone、King & Prince、Snow Man…集結

大みそか「ジャニーズカウントダウン2022→2023」の様子を、たっぷりの撮り下ろし写真とともに誌上レポートします。現体制では最後のカウコンとなるKing & Princeマリウス葉ラストステージだったSexy Zoneのほか、グループチェンジメドレーの様子も。会場の熱気がそのまま伝わる誌面です。

ほかにも、

  • 新型コロナ感染拡大の背景に亜系統の変遷
  • 「コロナ疲れ」の米国 マスクなんてうんざり
  • 教師による指導死 行き過ぎた指導が子どもの命を奪う
  • 山上被告起訴 弱者男性の闇落ち防ぐ
  • 投資信託ポイント眠らせたら死に金
  • 箱根駅伝で失速の理由 危険な血糖値の乱高下
  • 「核融合発電」の可能性 実現は数十年先
  • ISS退役で建設ラッシュ 各国の宇宙ステーション事情
  • 都立高入試英語スピーキングテスト 「逆転現象」に非難集中
  • 松下洸平ライブレポート 胸張れるまで歌い続ける
  • 大宮エリーの東大ふたり同窓会 ゲスト・隈研吾
  • 現代の肖像 上田久美子・演出家

などの記事を掲載しています。

※発売日の1月23日(月)正午からは、公式ツイッター(@AERAnetjp)と公式インスタグラム(@aera_net)で、最新号の内容を紹介する「#アエライブ」を行います。ぜひこちらもチェックしてください。

AERA(アエラ)2023年1月30日号
定価:440円(本体400円+税10%)
発売日:2023年1月23日(月曜日)
https://www.amazon.co.jp/dp/B0BQ3982V5

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。