【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

最終クォーターに追い上げをみせるも一歩届かず青森ワッツに惜敗。

ライジングゼファーフクオカ株式会社のプレスリリース

2023年1月22日(日)に開催された青森戦は、6点差をつけられ敗戦しました。

2023年1月22日(日)に開催されましたBリーグ第18節【青森ワッツvs.ライジングゼファーフクオカ】において“青森83-77福岡”の結果となりましたことお知らせ​いたします。 

 

  • 【ハイライト】

https://www.youtube.com/watch?v=e7gKD9uW6BQ

  • 【試合結果】

【青森】83-77【福岡】
1st 17-14
2nd 30-19
3rd 21-16
4th 15-28

  • 【戦評】

昨日敗戦した福岡は、スターティング5を入れ替えてGAME2に挑む。試合開始直後に#20スローターの得点で先制すると#22石橋が3Pシュートを決め起用に応える。 試合を優位に運びたい福岡だったが、要所でミスを犯してしまい、GAME1同様、青森にリードされる展開に。オフェンスの#7グリンのドライブから再び流れを掴み始めると#23ハリス、#20スローターと続き点差を縮めるも、青森にリバウンドを奪われてしまい前半で14点のビハインドとなる。

負けられない福岡は後半から#7グリン、#23ハリスを中心に攻撃を組み立てるもアウトサイドシュートがリングに嫌われ得点が伸びない。 最終Qに#22石橋が3Pシュート含む連続得点でチームに勢いを与えると#23ハリスも続き、5点差まで点差を縮めるも、前半の失点が最後までのしかかった福岡は最後は青森に逃げきられるかたちとなり、悔しい連敗を喫した。

  • 【ラモン・ロペス・スアレスHCコメント】

ファンの皆さんにこのような試合を見せてしまい申し訳なく思います。
青森に30本のフリースローを与えてしまった時点でゲームが成り立たないと思いますし流れるような試合をみせられませんでした。青森がタフに素早く走ってくるゲームに対応できなかった証拠かとも思います。
後半、福岡の選手の姿勢は良かったと思います。最後まで諦めず戦い続けましたし勝利を信じ追い上げる事ができたと思います。しかし最後のクォーターだけ良くても勝利する事は難しいのでしっかりと見直したいと思います。
 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。