【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

家の中でも、外でも音の世界に深く没入できアーティストの演奏を目の前で聴いているような音楽体験が楽しめる ヤマハ ワイヤレスBluetooth®ヘッドホン『YH-E700B』

ヤマハ株式会社のプレスリリース

ヤマハ株式会社は、上質な音とスタイルで、場所や時間を選ぶことなく音楽に深く没入して楽しむことができるワイヤレスBluetooth®ヘッドホン『YH-E700B』を2月3日より全国で発売いたします。『YH-E700B』は、楽器メーカーならではのこだわりのハウジング設計をはじめ、独自の「リスニングオプティマイザー」や「リスニングケア(アドバンスド)」機能など、ヤマハのアコースティック技術とエレクトロニクス技術を融合することによってアーティストの演奏を目の前で聴いているような音楽体験を味わうことのできる音(=TRUE SOUND)を追求しました。さらに優れた操作性と装着感を両立した独創的なデザインを採用したほか、「ゲーミングモード」の搭載やQualcomm®社のcVc™(Clear Voice Capture)機能による高い通話性能を実現しています。音楽リスニングを中心に、プライベートからビジネスまで幅広いシーンで活躍するワンランク上のヘッドホンとして、音楽とともに過ごす特別な時間、体験を提供します。

ヤマハ ワイヤレスBluetooth®ヘッドホン『YH-E700B』ヤマハ ワイヤレスBluetooth®ヘッドホン『YH-E700B』

<概要>
1.アーティストの想いや表現を余すことなく伝える「TRUE SOUND」
 ・楽器の質感や音色をリアルに表現する、低歪みのドライバー&緻密なハウジング設計
 ・高音質かつ、心地よいリスニングを叶える優れた装着性能
 ・リスニングの状態に合わせて、リアルタイムに音を最適化する「リスニングオプティマイザー」
 ・音質を最優先した「アドバンスドANC〈アクティブ・ノイズ・キャンセリング〉」
2.深く長く、音楽へ没入できるデザインと機能
 ・シームレスに音楽とつながることができる独創的なデザイン&スマートな操作性
 ・いつまでも、いい音で音楽が楽しめる「リスニングケア(アドバンスド)」
3.電話やWeb会議などでより便利に、快適に使える通話・接続性能
(高性能MEMSマイク/Qualcomm® cVc™/Qualcomm® aptX™ Voice)
4.さまざまなシーンで便利に使える機能
 ・映像と音の遅延を抑える「ゲーミングモード」、音楽を楽しみながら周囲の音も聞くことができる「アンビエントサウンド」
 ・5種類のプリセットEQを搭載。自由に音質調整もできる専用アプリ「Headphone Control」

品名:ワイヤレスBluetooth®ヘッドホン
品番:YH-E700B
色:(B)ブラック、(C)ベージュ
価格:オープン価格
発売日:2月3日(金)

<主な特長>
1.アーティストの想いや表現を余すことなく伝える「TRUE SOUND」

ヤマハ独自のアコースティック技術とエレクトロニクス技術を融合し、製作者が意図した世界観、アーティストが音楽に込めた想いをありのままに表現することを追求したのが「TRUE SOUND」です。音楽リスニングをメインに設計された『YH-E700B』では、「TRUE SOUND」の核となる“サウンドイメージ”、“音色(おんしょく)”、“ダイナミクス”の中でも、特にサウンドイメージと音色(おんしょく)にこだわりチューニングを施しました。サウンドイメージではそれぞれの楽器や音の位置、どの楽器がどこから鳴っているかが感じ取れるほどに音楽が生まれたその空間を再現する音に仕上げました。さらに音色(おんしょく)では楽器の演奏音やヴォーカルの声の質感を余すことなく再現し、アーティストが本来届けたい音を忠実に再現する音を追求しました。中・高域の音色とサウンドイメージを磨き上げることで、長時間でもリラックスして音楽に没入して頂くことができます。

楽器の質感や音色をリアルに表現する、低歪みのドライバー&緻密なハウジング設計

『YH-E700B』のドライバーユニットには、複数素材で構成された2層のフィルムを張り合わせることで最適な剛性と柔軟性を兼ね備えた低歪みの振動板を採用しています。また筐体設計においては、クッション材を使用してパーツ同士を結合することで内部パーツの共振によって生じる不要な音を抑えました。さらにヤマハならではのアコースティックチューニング技術を活かし、ドライバーユニット背面の空気の流れを最適にコントロールすることで低域や高域の音の干渉を整え、ドライバーユニットが持つ音色を最大限引き出し、楽器や各音の位置や作品の空気感まで感じられる音を再現します。

高音質かつ、心地よいリスニングを叶える優れた装着性能

音質に大きな影響を及ぼす装着性にもこだわり、イヤーパッドはコンパクトながら耳にしっかりフィットする楕円形状としたうえ、ドライバーユニットから鼓膜までの気密性を高め豊かな低域再生を実現しました。さらに素材には、肌触りのよい合成レザーを採用しています。またヘッドバンドの形状も、より人の頭の形にフィットするタマゴ型にすることで、ハウジングの下部が浮くことで生まれる耳の下からの音漏れを抑えます。優れた装着性と音質を両立し、長時間のリスニングでも心地よく音楽を楽しむことができます。

リスニングの状態に合わせて、リアルタイムに音を最適化する「リスニングオプティマイザー」

耳の形は一人ひとり異なり、それに伴って音の聴こえ方も変わってきます。また同じ人の耳であっても内部の音響特性によって左右それぞれで音の聴こえ方が異なり、イヤホンの装着状態などによっても聴こえ方が変わってきます。「リスニングオプティマイザー」は、ハウジング内部に搭載したインマイクを使って実際に耳の中で鳴っている音の伝達特性を測定し、リファレンスとする伝達特性と比較します。違いがある場合には、リアルタイムにヘッドホン左右それぞれの音を理想的な周波数特性に自動補正することで、常に理想の音で音楽を聴くことが可能です。

音質を最優先した「アドバンスドANC〈アクティブ・ノイズ・キャンセリング〉」

ヤマハ独自のアルゴリズムを採用した「アドバンスドANC」機能は、ノイズ成分だけでなく音楽信号にもキャンセリング処理を掛けてしまう通常のANCとは異なり、インマイクで拾った音を音楽信号とノイズ成分にわけ、ノイズ成分だけにキャンセリング処理を施すことにより音楽信号の劣化を抑え、可能な限り音楽表現を保つ高精度なノイズキャンセリングを実現しました。楽器のニュアンスを崩すことなく、どこにいても音楽の世界へ没入することができます。

2.深く長く、音楽へ没入できるデザインと機能
シームレスに音楽とつながることができる独創的なデザイン&スマートな操作性

独創的かつ機能性にこだわったデザインを採用した『YH-E700B』は、デザイン的なアクセントとなっているハンガー部分が、装着する時に自然と人差し指が沿いインジケーター(目印)の役割を果たすことで、ヘッドホンをいつもの位置に自然に装着することができます。またハンガーとロゴの部分にはメタル素材を使用したうえ、ハウジング部にはザラつきのあるしぶき塗装を採用することにより指先の感覚でどこを触っているかを知ることができる、さりげない使いやすさと高い質感を兼ね備えた仕様としています。他にも、装着検出機能も搭載しているので、耳から外すと自動で音楽が一時停止し、再び装着すると自動で再生を開始するシームレスな動作で快適なリスニングを提供します。

いつまでも、いい音で音楽が楽しめる「リスニングケア(アドバンスド)」

音楽をいい音でより永く楽しんでいただくために、ヤマハでは聴覚保護に配慮した音楽リスニングを推奨しています。その一環として、ヤマハのイヤホンには過剰に音量を上げることなく小さな音量でも音楽を十分に楽しんでいただける独自の機能「リスニングケア」を全てのイヤホンに搭載しています。『YH-E700B』では、その上位機能である「リスニングケア(アドバンスド)」を搭載しました。通常の「リスニングケア」機能に加え、「コンテンツの音量」や「周りの騒音(フロアノイズ)」の変化をインテリジェントに解析し、音量やリスニングケアのパラメーターを自動的にコントロールすることで常に最適なバランスで音楽を再生します。さまざまな音量・環境・コンテンツに対してこれらの対策を施すことで、聴覚保護により一層配慮した音楽リスニングを可能にしました。また前述の「アドバンスドANC」の活用もフロアノイズを低減し過大な音量での音楽聴取の防止に役立ちます。

3.電話やWeb会議などで、より便利に快適に使える通話・接続性能
(高性能MEMS*マイク/Qualcomm® cVc™/Qualcomm® aptX™ Voice)

『YH-E700B』では、ハウジング部に音声収音用の高性能MEMSマイクを左右それぞれ1基ずつ、計2基搭載しました。2基のマイクに届く音量や到達した時間の差を計算して音源の方向を推定し、正確に音声を収音します。さらに音声と雑音を分離して通話相手にノイズを伝えないようにするQualcomm®社のcVc™(Clear Voice Capture)機能により、周りの声やノイズを軽減。そこからQualcomm® aptX™ Voiceで高い明瞭度を維持しながらスマートフォンへ伝送し、受話音声についてもノイズサブレッサーやイコライザーの処理を施したことで受話も送話もクリアにし、電話やテレビ会議などでも明瞭な音声でコミュニケーションが取れる優れた通話性能を実現しました。
*Micro Electro Mechanical Systemsの略

4.毎日のエンターテインメント体験を支える充実の機能
映像と音の遅延を抑える「ゲーミングモード」、
音楽を楽しみながら周囲の音も聞くことができる「アンビエントサウンド」

スマートフォンやタブレット端末で映像コンテンツへの没入感をより高める「ゲーミングモード」*(低遅延モード)にも対応し、ゲームや動画の視聴時に気になる映像とのズレを抑えた違和感のない音で楽しむことができます。他にも、外の音を取り込みながら音楽と一緒に聴くことができる「アンビエントサウンド」機能も採用しているので、音楽を聴きながらのお出かけや仕事をする時など、周囲の音も気にしておきたい時も便利に使えます。
*使用環境や装着状態により、映像と音声の遅延量は変化します。

5種類のプリセットEQを搭載。自由に音質調整もできる「Headphone Control」

スマートフォン専用のアプリ「Headphone Control」を使えば、各種機能のオン/オフやバッテリー残量の確認などがスマートに行なえます。さらに5種類のプリセットEQを搭載し、 “ENERGY”“GENTLE”“VOCAL”“GROOVE” “OPENNESS”の中から聴いているコンテンツや好みに合わせて、手軽に最適な音質が選べます。また自分好みの音を追求したい場合には、本体の音響特性に合わせて設計されたイコライジング機能で、不要な響きを生じさせることなく細かく音質を調整することができます。

<製品情報>
ヤマハ ワイヤレスBluetooth®ヘッドホン『YH-E700B』
https://jp.yamaha.com/products/audio_visual/headphones/yh-e700b/

“耳を大切にした音楽視聴”をヤマハ イヤホンヘッドホンの新たな価値に
耳の健康に関する特設サイト『Thinking about Hearing Health』を公開中

ヤマハ株式会社では、オーディオ製品を使う際に適正な音量を意識することや、生活の中で耳を休めることの重要性を発信するサイト『Thinking about Hearing Health』を公開しています。当サイトでは、今後も、人々の音・音楽を楽しめる時間が長く続くように、耳の健康に配慮した音楽とリスニングの楽しみ方について継続的に情報発信を行ってまいります。

『Thinking about Hearing Health』:
https://jp.yamaha.com/products/contents/audio_visual/staytrue/listeningcare/

◎Bluetooth® ワードマークおよびロゴは登録商標であり、Bluetooth SIG, Inc. が所有権を有します。
ヤマハ株式会社は使用許諾の下でこれらのマークおよびロゴを使用しています。
その他の商標および登録商標は、それぞれの所有者の商標および登録商標です。
◎Qualcomm aptX, Qualcomm cVcおよびQualcomm TrueWirelessは、Qualcomm Technologies、Inc.
および/またはその子会社の製品です。

ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/

※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。