【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

「Kアリーナ横浜」2023年9月29日開業決定  隣接するホテル「ヒルトン横浜」は2023年9月24日に開業

株式会社ケン・コーポレーション、株式会社Kアリーナマネジメントのプレスリリース

株式会社ケン・コーポレーション(本社:東京都港区、代表取締役会長:佐藤 繁/代表取締役社長:中川 堅悟)は、横浜みなとみらい21地区で大規模複合開発「Kアリーナプロジェクト(街区名称:ミュージックテラス)」を推進しておりますが、本開発の核となる「Kアリーナ横浜」を2023年9月29日(金)に開業することを決定しました。あわせて、アリーナに隣接する「ヒルトン横浜」を2023年9月24日(日)に開業することを決定しましたので、お知らせいたします。

1. Kアリーナ横浜グランドオープニングシリーズを開催
Kアリーナ横浜の運営・管理を行う株式会社Kアリーナマネジメント(本社:東京都港区、代表取締役会長:佐藤 繁/代表取締役社長:田村 剛)は、2023年9月から12月の間を「Kアリーナ横浜グランドオープニングシリーズ」と位置づけ、多様なジャンルのライブ・コンサートを開催するとともに、ミュージックテラスの広場を活用した賑わいづくりやコンテンツの発信など、アリーナ内にとどまらず街全体に賑わいを届けるべく、記念すべきオープニングイヤーを盛り上げていきます。国際都市・横浜の新たなシンボルとして、音楽に特化したアリーナだからこそ実現できる、ここでしか聴けない・観ることのできない「生涯、心に鳴り響く」ライブ・コンサート体験を提供します。

Kアリーナ横浜グランドオープニングシリーズ

2. 「Kアリーナ横浜」公式ホームページ開設
Kアリーナ横浜の公式ホームページを本日開設いたしました。
「すべては『音楽』を楽しむために」をキーワードに、音楽に特化したアリーナならではの特徴とこだわりのポイントや、『音楽』を楽しむための設備、施設概要、交通アクセスなどをご紹介しております。今後も、Kアリーナ横浜で開催する公演情報やフロアマップなどのコンテンツを充実させ、新着情報も順次公開してまいります。

URL: https://k-arena.com/

Kアリーナ横浜公式ホームページ

全ては『音楽』を楽しむために。
音楽の素晴らしさを、より深く感じていただくための設備を細部にまで詰め込んだ“K-Arena Yokohama”。
アーティストが奏でる音楽を心ゆくまでお楽しみください。

設備アイコン

3. 「Kアリーナ横浜」について
多種多様な文化が混じりあう国際都市・横浜に、世界最大級の音楽に特化したアリーナとなる「Kアリーナ横浜」が誕生します。~すべては『音楽』を楽しむために~音楽を聴く人・奏でる人のためにつくられた、特別なアリーナ。音楽の素晴らしさをより深く感じていただくための設備を細部にまで詰め込み、アーティストが奏でる音楽を心ゆくまで楽しめる空間を提供します。

施設名称 :Kアリーナ横浜
座席数  :20,033席
階数/高さ:地上9階/約45m

Kアリーナ横浜 ロゴ

アリーナ外観

・アーティストの「夢」を叶える
理想のライブ・コンサートを実現する場所として、様々なファシリティを備え、フレキシブルな客席プランや設営・撤収に配慮した「使いやすさの追求」と、大規模な吊り込みへの対応や良質を追求した音響空間など「多様な演出への対応」を実現します。

アリーナ内観1

・オーディエンスに最高の記憶を
2万席を誇る客席は、全席に長時間快適に過ごせるファブリックシートを導入します。ステージ前方のアリーナに加え、三層構造となるスタンドの全席がステージ正面を向いた扇型の形状で、アーティストの表現が真正面から真っ直ぐに届き、迫力と一体感を生み出します。

アリーナ断面

・環境に配慮したアリーナ
一般的なライブ・コンサートで持ち込まれる演出機器を一部常設する事で、使いやすさと環境への配慮を実現します。
ライブ・コンサートで使用する電力を実質的に再生可能エネルギーで調達することを目指します。また、雨水貯留による中水利用を行うなど環境への配慮を積極的に行います。

アリーナ内観2

・飲食も楽しめる新しいアリーナ
横浜の美しい夜景の中で、ライブ・コンサートに思いを巡らせながら楽しめるバーラウンジや、公演前後の興奮や余韻を分かち合いながら、ゆっくりと飲食を楽しめる約400席の大空間のラウンジを設けています。また、アリーナ内でも音楽と飲食を同時に堪能できるよう、すべての座席にカップホルダー2個※を設置します。※一部座席を除く

音楽と横浜の夜景を楽しめるバーラウンジ

・快適性と利便性の向上
施設内外に潤沢なコインロッカースペースを確保します。荷物を持つ煩わしさから解放されることで、快適にライブ・コンサートをお楽しみいただけます。また、どの席からもアクセスがしやすいよう、売店を11箇所に配置します。すべての売店でキャッシュレス決済を導入し、待ち時間の軽減と利便性向上を実現します。

約400席の大空間のラウンジ

・特別なライブ・コンサートを、特別な空間で
圧倒的なスケール感のラウンジと高級感溢れる専用ロビーが、大切なゲストを迎え入れる「VIPエリア」。ホスピタリティに溢れた特別な空間で、国内に類をみないラグジュアリーな鑑賞スタイルを提案します。

大切なゲストを迎え入れるVIPエリア1

大切なゲストを迎え入れるVIPエリア2

大切なゲストを迎え入れるVIPエリア3

大切なゲストを迎え入れるVIPエリア4

4. 「ヒルトン横浜」、2023年9月24日に開業決定
ケン・コーポレーションの関連会社で国内・海外に計35軒のホテルを展開するケン不動産リース株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:佐藤 繁)は、「ヒルトン横浜」の開業予定日を2023年9月24日(日)に決定いたしました。宿泊予約の受付は、2023年4月より開始する予定です。

・施設の特徴
(1) “YOKOHAMA Deco”をデザインコンセプトに、音楽の街・横浜における新たな大人の社交場へ
当ホテルは、日本ジャズ発祥の地として横浜が音楽の街たる原点ともなった時代に流行し、今も横浜の街並みを印象付けている建築様式「アール・デコ」のモチーフを、現代の横浜に再構築した“YOKOHAMA Deco”をデザインコンセプトにホテル全体を設計いたしました。
アール・デコは、NYのエンパイアステートビルなどに代表される建築様式で、1920年代にフランスで生まれ、西欧やアメリカで花開き、当時流行の最先端であったジャズ、ダンスやハリウッド映画などの都会のショービジネスの世界を反映したきらびやかな豪華さと、未来的なスタイリッシュさを特徴としています。横浜では、1923年の関東大震災の復興で再建された建築にアール・デコが用いられ、現在も神奈川県庁本庁舎などの歴史建築にその造形が多く見られます。同時代、アメリカから渡ってきたジャズが横浜で初めて演奏されたことから、横浜は“日本のジャズ発祥の地”と呼ばれるようになり、それ以来、日本の音楽シーンを牽引し続けています。その地に誕生し、さらなるエンターテイメントを発信していくこの場所で、その歴史を感じながら現代のエンターテイメントに酔いしれる、横浜の新たな“大人の社交場”となることを目指します。

アール・デコのデザインをモチーフとしたカフェ・バーラウンジ

光を反射するきらびやかな白や金、銀、黒というアール・デコの代表的な配色を用いたエントランス

(2) 横浜の景色が全面に広がる全339室の客室
スイートを含む全339室の客室は、横浜の夜景に溶け込むシックで落ち着いた配色に、アール・デコの特徴的な装飾やデザインを配置したしつらえ。全室に足下まで全面に広がる窓を備え、窓際に立つと、まるで横浜の夜景の中に浮かんでいるかのように感じる造りです。客室で過ごしていてもなお、ウォーターフロントの美しい街や音楽の余韻に浸るひとときをお楽しみいただけます。

大きな窓から横浜のシティビューを眺望するゲストルーム

(3) 横浜の海や風を感じるテラスやライブラリスペースも備えるエグゼクティブラウンジ
スイートルームなどハイカテゴリーの客室にご宿泊のお客様専用のエグゼクティブラウンジは、目の前に横浜の美しい景色が広がる5階に位置。ラウンジにはダイニングスペースだけでなく、ゆとりあるライブラリスペースと横浜の海や風を感じるテラス席の3つのスペースがあり、思い思いの時間を過ごせる、ホテルの中でもゆとりに溢れた特別な空間です。空と海を眺めながら本を片手に楽しむ優雅なアフタヌーンティー、赤く染まる夕刻の空を眺めながらのカクテルタイムなど、上質なひと時をお楽しみいただけます。

スイートやハイカテゴリー客室にご宿泊のゲスト専用のエグゼクティブラウンジ

(4) イノベーティブな2つのレストランと、ボトルタワーがそびえるカフェ・バーラウンジ
館内にはスペシャリティレストラン、ビュッフェスタイルのオールデイダイニングとカフェ・バーラウンジの3種類のレストラン&バーを開設。レストランでは地元神奈川の食材をはじめとする各地の厳選食材を使った逸品をご提供。カフェ・バーラウンジは横浜の美しい夜景を背景に天高のボトルタワーがそびえる、大人な空間をご提供します。

ボトルタワーがそびえるカフェ・バーラウンジ

(5) 宴会・会議室、フィットネス、ショップなど多彩な施設で様々なニーズにも対応
ホテルの4階には宴会・会議室を設けており、研修や宴会にも対応。館内には最新設備を配置したフィットネスや厳選された商品を揃えたショップなどもご用意し、宿泊ゲストの様々なニーズにお応えします。

■株式会社ケン・コーポレーションについて
株式会社ケン・コーポレーションは1972年に創業し、高級不動産事業のパイオニアとして、外資系企業社員や経営者などエグゼクティブ向けの高級賃貸仲介事業を開始しました。現在では住宅およびオフィスの賃貸仲介をはじめ、売買仲介、住宅・ビルの運営管理、大型商業施設やホテル開発、地域の再開発などの都市づくりまで、不動産に関するあらゆるサービスを展開しております。
また、関連会社70社、従業員数約6,000名から成るケン・コーポレーショングループを形成し、不動産事業に加え、ホテル事業・太陽光発電事業・エンタテインメント等の文化事業を手掛けています。
ホテル事業に関しては、1980年代に米国本土におけるホテル共同開発に取り組み、2000年より本格的にホテル事業を開始いたしました。現在では自社ブランドおよび外資系トップブランドホテルを含む国内26軒、海外9軒、計35軒、約8,900室のホテルや旅館を所有・運営し、ホテルグループ名を「プレミアホテルグループ(Premier Hotel Group)」として展開しております。
文化事業においては、グループ会社のシブヤテレビジョンがミュージックエンターテインメント事業としてライブハウス「Shibuya O-Group」や大型街頭ビジョン等の運営を行っております。

■株式会社Kアリーナマネジメントについて
株式会社Kアリーナマネジメントは2022年5月に「Kアリーナ横浜」の運営・管理を行う会社として、ケン・コーポレーションの100%出資会社として設立しました。
施設の円滑な運営・管理ができるよう努めてまいります。

■会社概要
会社名    :株式会社Kアリーナマネジメント
        英文表記 K Arena Management, Ltd.
所在地    :東京都港区西麻布一丁目3番4号
目的     :音楽ホールの賃貸、管理並びに運営
        各種イベントの企画、制作、
        主催及び公演関連サービスの提供他
代表取締役会長:佐藤 繁
代表取締役社長:田村 剛

※本リリースの記載内容は、今後の検討・協議等により変更となる可能性があります。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。