【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

イベント映像配信のオペレートを1台で行える 業務用AVミキサーが機能を強化して登場

ローランド株式会社のプレスリリース

~8系統の画面レイヤーで効果的な映像演出。操作を自動化できるマクロ、
シーケンサー機能などハイブリッドイベントに最適な設計~

ローランド株式会社は、イベントでの映像演出や音声調整、収録、ライブ配信まで1台で行えるダイレクト・ストリーミングAVミキサー『VR-120HD』を、2023年2月下旬に発売します。

『VR-120HD』トップ・パネル

『VR-120HD』使用イメージ

【ここがポイント】
● イベントでの映像演出や音声調整、ライブ配信まで1台で行える充実機能を備えた最新AVミキサー
● 複雑な操作や設定を記憶し、オペレーションを自動化できるシーンやマクロ、シーケンサー機能で作業を省力化
● PCを使わず本体からダイレクトにインターネット配信が可能

製品の詳細はこちら: https://proav.roland.com/jp/products/vr-120hd/
製品の動画はこちら: https://youtu.be/jtJc0iD6eFw

品名 :ダイレクト・ストリーミングAVミキサー『VR-120HD』
価格 :オープン価格
発売日:2023年2月下旬
初年度販売予定台数(国内/海外計):2,000台

音楽ライブや企業のプレゼンテーションなど多くのイベントにおいて、会場でのスクリーン映像投影とライブ配信を同時に行うハイブリッドイベントが一般的になっていますが、魅力ある映像演出や音声ミキシングを行うには、必要な機器の接続や複雑な操作が必要でした。当社は、必要な機能を1台に集約し、オペレーターの作業負担を軽減しつつ高品質の演出・配信を行えるAVミキサー「VR-50HD」(2013年)、「VR-50HD MK II」(2019年)を発売し、プロのイベント業者様やAVシステムのインテグレーター様より高い評価を得てきました。その一方で、コロナ禍でのイベント演出や映像配信におけるクライアントの要求はより多様化しており、必要とされる機材やオペレートは複雑化が進んでいます。
今回発売する『VR-120HD』は、ライブ配信に便利な機能を大幅に強化し、映像演出、音声ミキシング、配信・記録を一人のオペレーターで実現できるプロ仕様のAVミキサーです。さまざまな映像フォーマットに対応する12系統の映像入力を装備。PCやタブレット、ゲーム機などを接続して映像を取り込むことができます。8つのレイヤー機能を備え、テロップ挿入やピクチャー・イン・ピクチャーなどの映像合成を自在に行えます。最大8系統の映像出力ができ、会場の大型ビジョンやライブ配信用のPCなどにフレキシブルな映像出力が可能。さらに、インターネットへのストリーミングにも対応し、PCを使わず本体のみで安定した配信を行うことができます。

『VR-120HD』画面レイヤーのイメージ図

本体に42チャンネルのオーディオ・ミキサー機能を装備。6系統のXLR/1/4インチ・コンボ入力には高品位なマイク入力回路も搭載しています。その他、4系統のRCA入力、HDMIやSDI、USB、Bluetooth(R)を介しての音声入力に対応。EQやリバーブをはじめ、本格的なエフェクトも内蔵しています。また、本体パネルの8個のパッドに効果音やアナウンス音声を取り込み、タイミングよく再生できるオーディオ・プレーヤー機能も備えています。

グラフィカルに操作できるEQ画面

本体のパッドを押してタイミングよくオーディオ再生可能

『VR-120HD』は、ボタンを一度押すだけで、複数の操作を実行できる便利な機能を備えています。「シーン」には画面構成や音声の設定などを、「マクロ」には映像切り替えや操作設定を登録し、イベントやライブ配信の進行に合わせて簡単なボタン操作で呼び出すことが可能。また、登録した設定を、イベントの進行に合わせて自動で制御できるシーケンサーも搭載しています。映像演出と音声ミキシングを自動で切り替えることができ、オペレーターの負担を大幅に軽減できます。

また、『VR-120HD』は、PTZ(パンチルトズーム)カメラのコントロールにも対応。メーカーの異なるPTZカメラを最大12台組み合わせて同時に操作を行うことができます。タリーランプ(※)への対応や、外部機器のリモート・コントロールなど、収録現場での作業をスムーズに行える充実の機能を備えています。
(※)どのカメラで収録している映像が使われているかをランプの色で示す装置

PTZカメラのコントロールに対応

【さらに詳しく】
●8系統の画面レイヤー機能。イベント会場、オンライン配信、それぞれの視聴者に向けて最適な映像送信

マルチ・ビュー画面出力での操作イメージ

映像を演出するためのレイヤー機能を8系統備え、メイン・プログラム、サブ・プログラム、その他の出力それぞれに割り当て可能。ピクチャー・イン・ピクチャーやクロマキー、テロップの挿入など、視聴者に向けて効果的な映像を送ることができます。
3系統のSDI出力と3系統のHDMI出力を装備し、イベント会場のスクリーン、出演者用のモニター、さらにはオペレート用のマルチ・ビュー、オンライン配信など、それぞれの出力に最適な映像を送り出すことが可能です。本体のタッチ・パネルに表示されるビデオ・マトリックスは、指でスムーズに操作することができます。本体から直接インターネットに出力可能なイーサネット端子や、最大60FPSのUSBストリーミング出力に対応し、高品質の映像を視聴者に提供できます。また、SDXCカードへの同時記録にも対応し、イベント映像を録画して後で編集したり、再配信に利用することもできます。

●プロクラスのデジタル・オーディオ・ミキシング
『VR-120HD』は、プロクラスのオーディオ・ミキシング機能を装備し、映像に加えてオーディオ信号もオペレートすることができます。各音声ソースを自由に割り当て可能な8本のフェーダーでの直感的なミキシングはもちろん、パネリストの多いイベントでは、発言に合わせて各チャンネルの音量を自動でミキシングし、オペレーターの負担を軽減することが可能。2系統のAUXバスなど、汎用性の高いルーティング機能を備えているので、例えば、ステージと控え室のそれぞれに最適なモニター音声環境を構築することもできます。すべての入力/出力にEQ、ダイナミクスの処理が行え、ライブ演奏時には高品位なリバーブを付加することも可能。さらに、マイク使用時の不快なハウリングやフィードバックを除去したり、グラウンド・ノイズを抑制することができる機能を備えています。

●ボタンを押すだけで操作を自動で再現。現場の作業を大幅に省略化
視聴者に届ける映像の選択、画面構成や音声の設定などを「シーン」(最大32種)に登録し、すぐに呼び出すことが可能です。「マクロ」には、進行に合わせた一連の操作を記憶(最大100種)させることができ、簡単なボタン操作で再現。複雑な操作に追われることなく、スムーズに作業を進めることができます。さらに、イベントの台本に合わせてシーケンサーに「シーン」や「マクロ」を登録(最大1,000ステップ)し、ワンタッチで台本に沿った操作を呼び出すことが可能。現場でのオペレーションを大幅に省略化することができます。

●主な仕様
外形寸法:437(幅)×304(奥行)×109(高さ)mm
質量  :5.3kg

●製品画像

『VR-120HD』

『VR-120HD』リア・パネル

※ 画像は、ニュースリリース・ページ https://www.roland.com/jp/news/1017/ よりダウンロードいただけます。
※ 文中記載の会社名および製品名などは、各社の登録商標または商標です。
※ Bluetooth(R)のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、ローランドはこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。
※ このニュースリリースに掲載されている製品情報や発売時期などは、発表日現在の情報です。発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

■製品に関するお客様のお問い合わせ先
ローランド製品サポート: https://roland.cm/contact

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。