【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

『SONG OF THE EARTH 311 -FUKUSHIMA 2023-』音楽ステージの出演アーティストとコンテンツの詳細を発表!

一般社団法人ラブフォーニッポンのプレスリリース

2011年3月11日東日本大震災を受けて立ち上げた一般社団法人LOVE FOR NIPPON (代表:CANDLE JUNE、所在地:東京都渋谷区、以下:LFN)は、「できることは全部やる」を掲げ、様々な支援者と現地を繋ぎ、お互いが笑顔になってもらうための活動を行ってきました。
この度、LFNが主催で2023年3月10日・11日・12日の3日間にわたり開催する復興支援イベント「SONG OF THE EARTH(ソング オブ ジ アース:以下、SOTE 311/ソテサンイチイチ)」において、音楽ステージの出演アーティストと実施コンテンツの追加詳細を発表いたします。

  • 細美武士、TOSHI-LOWのthe LOW-ATUS、清春はじめ豪華メンバー8組がSOTE311の音楽ステージを彩る

音楽ステージのアーティスト発表では、the LOW-ATUS(TOSHI-LOW、細美武士)や清春など、圧倒的なパフォーマンスで数々の観客の心を掴んできたバンドのフロントマンたちが出演決定しました。また、毎年SOTE311で心を震わせる歌声と歌詞で会場を魅了した青谷明日香、片平里菜も登場。独自のスタンスで場所や形態に囚われない自由でインディペンデントなパフォーマンスが魅力のCaravan、同じく鋭いメッセージ性で聴き手の人生へと踏み込んでいくようなパンチラインを魅せるMOROHAのステージにも期待が高まります。さらに、LFNが行う月命日の活動でも精力的にライブを実施している谷本賢一郎が、福島ゆかりのアーティストたちと一緒にバンドセットで登場します。また、パントマイムで鍛えられた表現力を駆使するアートサーカスパフォーマンス集団、くるくるシルクの出演も決定しました。

  • 追加コンテンツとしてコロナ禍で中止となっていた「SOTE CUP エンジョイサッカー2023」が登場

●SOTE CUP エンジョイサッカー2023

原発事故の復興拠点であった日本サッカーの聖地「Jヴィレッジ」。「スポーツの力を復興の力へ」との思いを込めて、 2019年のSOTEより、東日本大震災以来営業を休止していた同施設が会場となっています。コロナ禍で中止となっていましたが、2023年からは、改めて「Jヴィレッジでサッカーを楽しむ!」をテーマに、大人も子どもも初心者も、みんながサッカーの楽しさを体感するサッカーコンテンツをスタートします。「SOTE CUP エンジョイサッカー2023」では、SOTE独自のルールを設定。
今年はプレ大会として、福島3チームとLOVE FOR NIPPON3チームでの総当たり戦を行います。また、会場では日本フットゴルフ協会によるフットゴルフ体験が可能になります。

●CANDLE11th

福島県内各地で毎月11日の月命日に開催しているイベントの集大成です。今年は3月11日に向けて浜通りの小中学校(中村第一小中学校、広野小中学校、葛尾小中学校、なみえ創成小中学校)から1500以上の子どもたちの夢を集めました。当日参加されるみなさんの想いも併せて灯します。追悼の想いと共にみんなの願いをサーチライトにのせて天高く飛ばします。

●3.11夢の大凧あげ

浜通りはじめ、福島県の子供達の夢や希望が描かれた新潟三条凧協会の六角凧が黙祷後の大空に舞います。今年は新たに中村第二中学校、なみえ創成小中学校、葛尾小中学校の皆さんに夢を描いてもらい、総計18枚の大凧が揚がります。「子供たちの夢を叶えることこそ、復興だ」と、誓いをたてる凧揚げです。

●SONG OF THE EARTH 311 FESTIVAL-FUKUSHIMA 2023-

「悲しみから喜びへ」を実感する1日を。 被災地で活動を続けてきたアーティストたちの熱いライブと、福島県をはじめ、新潟や熊本といったLFN活動地域のフード、ワークショップ、アクティビティ等のマーケットを楽しめるフェスティバルです。

●ふたば巨大だるま引き合戦

地元有志の「夢ふたば人」の尽力によって開催され続けている双葉町のお祭り「だるま市」のメインコンテンツが本年度も実施。昨年帰町宣言をされた双葉町のみなさんが集結して開催されるだるま引き合戦は感動とともにみんなを笑顔にしてくれます。

●SOTEシンポジウム

「振り返るための311ではなく、ここから始める311にするために」。様々な企業や省庁、そして行政や学生たちが同じテーブルでこれからのまちづくりについて話し合います。

●ふたばふたたびツアー

福島県双葉郡の今に触れるツアー。バスに乗って各所をまわり、震災から13年目を迎え歩み続けている福島県双葉郡の「いま」を体験することができます。現在、東京発1泊2日のツアーを受付中です。

SOTE311公式サイト:https://songoftheearth.info/

  • 「SONG OF THE EARTH 311 -FUKUSHIMA 2023-」主催代表 CANDLE JUNEより

今年のSOTE311は「それぞれの311」をテーマにしています。

被災した方や家族を亡くされた方。当時支援活動をされていた方、ずっと想っていたけどアクションができなかった方。

それぞれの311が交差する場所がSOTE311であって欲しいと思います。そこに学びがあったり、あたらしい絆が生まれたり、それぞれの311が集い、共に喜び合える時が「復興」を喜び合える日になるのだと信じています。
ぜひ「それぞれの311」を体験しにきてください。

 

 

 

  • イベント開催概要

<タイトル>
SONG OF THE EARTH 311 -FUKUSHIMA 2023-
 (ソング オブ ジ アース サンイチイチ フクシマ ニイゼロニイサン) ※略式 SOTE311(ソテ サンイチイチ)

<開催日時/内容>
2023年3月10日(金)、11日(土)、12日(日) ※雨天決行、荒天中止

・3.10(金) 
SOTEシンポジウム

・3.11(土)  
SONG OF THE EARTH 311 FESTIVAL -FUKUSHIMA 2023-
3.11夢の大凧あげ
ふたば巨大だるま引き合戦
CANDLE 11th
ふたば、ふたたびツアー
エンジョイサッカー

・3.12(日) 
「福島、その先の環境へ」シンポジウム
ふたば、ふたたびツアー

<開催場所>
ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ ほか
(福島県双葉郡楢葉町山田岡美シ森8)

<Special Partners>
ヤフー株式会社 /コールマン / KiU / 天神浜オートキャンプ場・猪苗代野外音楽堂 / サラヤ株式会社 / CHUMS / カメヤマローソク / キャンドルハウス / クライオバス / 大和ライフネクスト株株式会社 / 株式会社JTB福島支店 / 華密恋 / クローム・インダストリーズジャパン合同会社 / KEEN JAPAN G.K. / 株式会社ハイサーブウエノ / 庖丁工房タダフサ / 村の鍛冶屋(山谷産業) / ひなた工房双葉 / 株式会社山櫻 / 三条凧〔いか〕協会 / 株式会社エムテック・スタイル / エル・パッケージ株式会社 / コーエィ株式会社 / 株式会社シミズオクト / 株式会社スローハンド・リレイション / TACTICS RECORDS / 株式会社TAKK PRODUCTION / DeDee株式会社 / 東北テント株式会社 / 株式会社トライ・アーク / バーベイトロック株式会社 / 株式会社プリズム / 明治商工株式会社 / 株式会社ライジング・フィールド / リージョンポート合同会社 / Luftzug / 株式会社ELDNACS

<Special Support>
FUJI ROCK FESTIVAL / 朝霧JAM / GREENROOM FESTIVAL / New Acoustic Camp / ACO CHiLL CAMP

<後援>
福島民報社 / 福島民友新聞社 / 福島テレビ / 福島中央テレビ / 福島放送 / テレビユー福島 / ふくしまFM

<主催>
一般社団法人LOVE FOR NIPPON

<企画・制作>
一般社団法人LOVE FOR NIPPON

<オフィシャルサイト>
http://songoftheearth.info

新型コロナウイルスの感染状況により、開催方法や内容等について、変更する場合があります。
開催に際し、福島県が定める全国的または大規模イベント開催時の感染防止対策を実施します。
ご来場の際には、ご理解とご協力をお願いいたします。

  • LOVE FOR NIPPON概要

2011年東日本大震災を受け、東京で発足した支援団体。物資提供や炊き出しからスタートし、常に被災された方々に寄り添うように仮設住宅や復興住宅などで様々な支援内容を提供します。毎月11日には福島県内各地でイベントを開催。その集大成として、3月11日には音楽や食、福島の子供達の夢を描いた大凧あげやキャンドルナイトで構成される復興支援イベントSONG OF THE EARTHを開催。震災から10年目を機に、環境省とともにシンポジウムをスタート。これからも、LFNは「悲しみから喜びへ」をテーマに、緊急支援から心のケア、そして様々な企業とともに復興活動を続ける。

・団体名:一般社団法人LOVE FOR NIPPON(ラブフォーニッポン)
・代表:CANDLE JUNE(キャンドル ジュン)
・設立日:2011年 3月14日 任意団体LOVE FOR NIPPON発足、2011年6月 一般社団法人に改組
・所在地:〒151-0066 東京都渋谷区西原3-32-5#16
・活動内容:様々な災害時においての被災者支援
・ウェブサイト:https://lovefornippon.com/

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。