【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

真夜中ドラマ「わたしの夫はーあの娘の恋人ー」記者会見に山下リオ・泉澤祐希・紺野彩夏・佐伯大地が登壇!山下リオ「毎回予想がつかない衝撃の展開!ドキドキハラハラを楽しんで」

テレビ大阪株式会社のプレスリリース

土曜深夜の『真夜中ドラマ』枠で、1月14日(土)深夜からスタートしたのが、『わたしの夫はーあの娘の恋人ー』。この作品は大人気コミック配信サービス「めちゃコミック」で話題のオリジナル漫画を原作に、W不倫をきっかけに始まるそれぞれの復讐と思惑、そして新たな恋を繊細に描いたドラマ。放送に先立ち主人公・笹野香織役を務める山下リオ、香織の夫・拓也役の泉澤祐希、三島睦美役の紺野彩夏、睦美の夫・恭介役の佐伯大地が記者会見に臨んだ。

  • 記者会見インタビュー​Q.それぞれの役柄について教えてください。

山下「香織は仕事の面でもリーダー職になっていて、とにかく順風満帆にやってきたのですが、不倫をきっかけに人生がどんどん変わっていく女性です。」
泉澤「拓也は香織の夫で睦美と不倫をしている役です。悪いことをしているのですが、実はすごく素直で憎めないキャラクターだと思っていて…。演じながらすごく迷ったところもあるのですが、素直に演じていればいいキャラクターになるんじゃないかと思い、現場では楽しく過ごさせていただきました。」
紺野「睦美はあることがきっかけに自分の幸せをすごく追い求めていて。今の幸せだけを考えて行動する子です。撮影中はずっと自分の幸せだけを考えて演じていました。」
佐伯「恭介はあまり他人に興味がない、興味が持てないという感じの役どころ。ただ僕自身は他人に興味津々なこともあり、最初に台本を読んで、恭介という人間がもし自分の側にいたらすごく嫌だという印象を持ちました。ただ、そんな彼もドラマの中で人として成長していって…。その辺りは見ていただきたいです。」

山下リオ山下リオ

Q.不倫がテーマですが不倫についてどのように感じていますか?
佐伯「いけないことだと思います!」
山下「この作品をきっかけに結構考えたんですよ。私は基本的に、誰かを傷つける行為はしてはいけないと思います。でもこれは本当に難しくて…。恋を止められるのかみたいな部分もあるし、でも守るべき者のために恋を止めるのが人間でもあると思うので。善悪とは何だろうとか、人間が作り出したルールって何だろうなど、色んなことを考える原点回帰になったような気がします。まぁ、この作品に携わっても最後まで分かりませんでしたが。」
泉澤「もちろん良くないことという認識はあります。ただ、何をするのかが分からないというのが人なので。その人にとっては正義のことが、他の人にとってはダメなこともある。本当に難しい問題だと思います。そして自分の欲求に勝てない方たちがいるというのも事実で…。ただ僕は絶対にしないです。わからないですが、それにはすごく自信があって…。この気持ちをうまく説明できないことは不甲斐ないのですが、絶対にダメなことという認識ではあります。」
紺野「もちろんダメなことというのは大前提なのですが、私にとって現実的ではなさ過ぎて…。大人たちの世界の話というイメージです。ただドラマを通じて、不倫では本当の意味の幸せは掴めないのではと思いました。」

泉澤祐希泉澤祐希

Q.刺激的なシーンも多いですが、撮影で難しかったシーンを教えてください。

山下「不倫にあまり興味がない人間なので、共感できない部分が多かったです。でも人間は曖昧な部分や矛盾した気持ちがあるので、常に流動的だと思うので…。その場で香織の気持ちがどんどん変わっていくのを意識しながら演じるのが難しかったです。」
泉澤「センシティブなシーンが多かったので、うまくカモフラージュして撮影する部分などがあり難しかったです。もちろん不倫に対する気持ちも、自分の中ではちょっと葛藤がありましたし…。あと、映像を見ていただくと分かるのですが、僕はカツラだったんですよ。なので色々動きに制限が出た部分があって、それもちょっと苦労しました。」
紺野「睦美は性格をはじめ行動自体が私とは全く正反対なので、その気持ちを想像するのが難しかったです。私自身、ポジティブな感情は表に出ますが、怒りや悲しみといった感情は出にくいタイプで。それに対して睦美は感情がそのまま全て出るので理解できない部分も多く…。感情が爆発するシーンもあるのですが、なんでここで睦美が怒っているのかを考えながら演じて感情を出すことが難しかったです。あと、拓也と普通にただ楽しく遊んでいるシーンも普段の睦美とはまた違うので密かに難しかったです。」
佐伯「僕も恭介とは真逆なので共感するのは難しかった。あとは肌の露出などデリケートなシーンも多いところかな。そういうシーンの現場は、いい緊張感でピリピリしていて、みなさんかなり集中して撮っているんですよ。撮影後に、こんなに疲れるんだ、こんなに大変なんだと思ったのを覚えています。」

紺野彩夏紺野彩夏

Q.もしパートナーに不審な点があった場合どうしますか?
山下「私はプライベートでは感情が爆発する人間なので、そのまま大爆発してブラックホールに送り込みます!」
泉澤「確信的な何かがあれば僕も追求しちゃうと思います。そしてすぐに離婚という感じですね。絶対に我慢できないんで。めちゃくちゃ怒るというより、冷静に客観視して対応するという感じだと思います。」
紺野「怒ったり泣いたりせずに、ただ事実のみを相手に詰めます。そしてそのままシャッターを下ろすというか。連絡を取らないのはもちろんですが、自分の視界にも入れない。出かけたりご飯を食べに行く場所でも会わないように、自分の生活のテリトリーから追いやります。」
佐伯「男性陣はブラックホールに送られないようにしないと(笑)。ちなみに僕は、自分と一緒にいる時間以外をそこまで追求するタイプではないので。そういうことを知らないように生きていきたいです。知っちゃったら僕もブラックホールに送り込んじゃうかもしれないですね。」

佐伯大地佐伯大地

Q.印象に残っているシーンを教えてください。
山下「とにかく香織はずっと出ているって感じですね。あと、4人が交わることがなさそうな物語ですが、どこからか接点が生まれてきて一緒のシーンになったのは楽しかったです。」
泉澤「僕も4人のシーンです。それぞれの主観になるところがあり、カメラマンの方が役になりきってカメラの映像をそれぞれの視線のように動かしていくみたいな撮影で。自分の前にカメラマンさんがいて、一緒に動いて撮影するのがすごく斬新でした。どういう見え方になっているのか興味津々です。」
紺野「何を言ってもネタバレになってしまう気がするのですが…。ラストの方で、4人が一緒になるシーンは、これまで演じたことのないような動きや感情がある狂気的なシーンで。すごく印象的でした。」
佐伯「あとオープニング撮影は楽しかったです。今でこそすごく仲がいい4人ですが、オープニング撮影はまだ序盤の頃だったので。みんなダンスがあるらしいよと話し合ったのを覚えています。ただ僕はダンスシーンはなくただ振り向くだけ(笑)。もっとやりたかったという気持ちはありますが、カッコいいオープニングになっているんでぜひ見て欲しいです。」

Q.最後にメッセージをお願いします。
佐伯「なかなか刺激的なドラマになっているので、真夜中に“ちょっと大人なドラマ”を楽しんでいただけたらと思います。」
紺野「1話はもちろんですが、2話以降もドキドキハラハラと目が離せない展開がずっと続きます。ぜひみなさんと一緒に楽しんでいただけたらと思います。」
泉澤「不倫から物語が展開していきますが、回を増すごとに衝撃の展開が繰り広げられていきます。僕も脚本をワクワクしながら読んだのですが、その感覚がみなさまにも伝わればいいなと思います。」

山下「“事実は小説より奇なり”という言葉がありますが、それは今回の作品ではないかな?と思っていまして。フィクションですが、マンガとリアルな芝居が合体したらどうなんだろう、みたいな期待感があります。実験的な自分の感覚を含めて、色んなことが全て映っていると思います。この作品は不倫という人間の業を背負ったときに、秘められている人間の本性や本能だったり、そんな色んな一面が見られるドラマなんじゃないかなと思います。毎回、予想がつかない展開になっていますので、ぜひこの冬、ドキドキハラハラを楽しんでいただければと思います。」
 

  • 「NAQT VANE」Harukazeによる主題歌披露

会見の最後にはサプライズゲストとして、本作の主題歌「CHRONIC」を担当するNAQT VANEより、ボーカルのHarukazeが登場!生歌を披露し、会場を大いに盛り上げました。

HarukazeHarukaze

・Harukazeコメント

「タイトルの『CHRONIC』には慢性的という意味があるのですが、私自身、最初はあまりそこにシンパシーを感じることがなくて。なのでそれを勉強して歌いました。オープニングは手がいっぱいあってすごくカッコイイ映像になっているので、ドラマと一緒に曲も楽しんでいただけたらと思います!」

  • 番組概要

香織と拓也は仲の良い夫婦だが、香織は1つだけ不満が。

それは、不妊治療中にも関わらず、夜の生活が「ボイコット」状態にあること…。香織は、この事実だけは周囲にバレないように明るく取り繕ってきた。
そんなある日。同期入社の親友・由紀との会話で、拓也の「裏アカ」の存在を知る。そこには不倫を匂わせる投稿の数々が…。
香織は不倫相手・睦美を特定。その夫である恭介のもとへ向かい、2人の絶縁に協力するよう求める。
すると、恭介は「香織とセックスすること」を条件に承諾。その後、拓也と睦美を尾行した先で香織は関係に応じる。
証拠も手に入れ、これで終わりかと思いきや、価値観の近い恭介への恋心が芽生え…。
 

  • 第2話あらすじ

拓也(泉澤祐希)と睦美(紺野彩夏)を別れさせることに協力する代わりに、香織(山下リオ)とのセックスを求めた恭介(佐伯大地)。
そして、契約を結んだ2人は拓也と睦美の不倫旅行を尾行する。
旅行当日、湯河原で楽しそうに手をつなぐ拓也と睦美。さらにキスをする2人を見て香織は涙をこらえる。その後、同じ旅館の部屋で食事をした香織と恭介。涙が止まらなくなった香織を恭介は抱き寄せ、とうとう愛のないまま2人は交わる…。
翌朝、大浴場で睦美と出くわした香織。睦美は気前よく話しかける。話の中でたびたび拓也をちらつかせる睦美を前に香織は冷静さを失う。
尾行を終えて帰京し、最後のキスをして別れた香織と恭介。それを見ていたのは…。

©「わたしの夫はーあの娘の恋人ー」製作委員会©「わたしの夫はーあの娘の恋人ー」製作委員会

1話の見逃し配信はこちらから!
<TVer>https://tver.jp/series/srzrytirvz
 

  • 番組情報

©「わたしの夫はーあの娘の恋人ー」製作委員会©「わたしの夫はーあの娘の恋人ー」製作委員会

<番組名> 真夜中ドラマ「わたしの夫は―あの娘の恋人―」
<放送日時> 2023年1月14日放送スタート
〇テレビ大阪
毎週土曜 深夜1:00~1:30
〇BSテレ東(BS⑦ch)/BSテレ東4K(4K⑦ch)
毎週土曜 深夜0:00~0:30
※NTTドコモ「ひかりTV」で1週間先行配信
<出演> 山下リオ 泉澤祐希 紺野彩夏 /佐伯大地 他
<原作> ツキシロギン・あいざわあつこ
「わたしの夫は―あの娘の恋人―」(双葉社 めちゃコミック×fufu連載)
<監督> 佐藤竜憲 八十島美也子 かとうみさと 山口雄也 のむらなお
<脚本> 我人祥太 灯敦生
<プロデューサー> 山本博紀(テレビ大阪) 石田雄作(テレビ大阪)
宮川宗生(ホリプロ)
<プロデュース> 岡本宏毅(テレビ大阪)
<話数> 30分×12本
<制作> テレビ大阪/ホリプロ
<製作著作> 「わたしの夫は―あの娘の恋人―」製作委員会
<番組HP> https://www.tv-osaka.co.jp/wataoto/
<TVer> https://tver.jp/series/srzrytirvz
<公式Twitter> https://twitter.com/tvo_mayodora
<公式Instagram>https://www.instagram.com/wataoto_mayodora/
<公式TikTok>https://www.tiktok.com/@wataoto_mayodora

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。