【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

2022年秋アニメのDAMカラオケランキングTOP50発表! テレビアニメ『チェンソーマン』『SPYxFAMILY(第2クール)』など話題作品の関連楽曲が続々ランクイン!

株式会社第一興商のプレスリリース

 株式会社第一興商は、通信カラオケDAMにおける2022年10月クールの秋アニメ作品を対象とした、アニメ主題歌のカラオケランキング調査を実施しました。 

 

 2022年秋アニメ主題歌カラオケランキングは、放送開始前から話題を集めた作品の関連楽曲が続々ランクインを果たしました。
 テレビアニメ『チェンソーマン』オープニングテーマ(以下、OPテーマ)「KICK BACK/米津玄師」が圧巻の1位を獲得。また、放送ごとに異なる楽曲が用意された同作品のエンディングテーマ(以下、EDテーマ)がSNSを中心に話題を集め、3位「CHAINSAW BLOOD/Vaundy」、5位「残機/ずっと真夜中でいいのに。」、6位「ちゅ、多様性。/ano」、7位「錠剤/TOOBOE」と、TOP10のうち5曲を占める結果となりました。

 2位は、テレビアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』OPテーマ「祝福/YOASOBI」です。多くの作品ファンから支持された楽曲が、動画サイトでもたくさん再生され、カラオケでも多く歌われました。

 4位は人気作品シリーズ『SPY x FAMILY』第2クールOPテーマ、 BUMP OF CHICKENが歌う 「SOUVENIR」。同作品のEDテーマ「色彩/yama」が8位にランクインし、アニメファンから期待感をもって迎えられた両楽曲は、多くのファンに支持されました。

 9位にはMAISONdesによる『うる星やつら』OPテーマ「トウキョウ・シャンディ・ランデヴ feat. 花譜, ツミキ」がランクイン。11位にも同作品EDテーマ「アイウエ feat. 美波, SAKURAmoti/MAISONdes」が入り、斬新でスタイリッシュな楽曲が注目を集めました。

 10位の「青春コンプレックス」は、テレビアニメ『ぼっち・ざ・ろっく!』で描かれているバンド、結束バンドによる作品のOPテーマです。極度な人見知りの主人公による前向きで明るい歌詞と、それとは全く異なる印象の楽曲のギャップが、ファンから共感を呼び人気となりました。

 DAMでは2022年秋に放送されたテレビアニメ58作品のうち、アニメ主題歌計123曲をカラオケで配信しました。これからもアニメファン、そしてアニソンファンの方により一層カラオケを楽しんでいただけるようサービスを拡充してまいります。

 当ランキングは、当社が提供する通信カラオケDAMの歌唱度数を集計して算出しました。
 DAMは、全国のカラオケ設置店舗・施設においてシェアナンバーワンの業務用通信カラオケ機器です。
 

■通信カラオケDAM 2022年秋アニメ主題歌 楽曲別カラオケランキング TOP50

調査期間:2022年10月1日~12月31日

* バージョンが複数ある楽曲は、同一曲として集計しています。
* 放送が期をまたぐ作品で楽曲が前期と同じ場合は対象外となります。
 

■文化放送 神ラボ! パーソナリティ 冨田明宏 コメント
 2022年秋クールのカラオケランキングを見て、まず強く実感したのは、“アニソンの多様化と成熟”です。
 「J-POPアーティストによる主題歌はアニメ作品にそぐわない」なんて意見がアニメファンの間で大勢を占めていた時代も、今や昔。米津玄師「KICK BACK」は歌詞の面でもアレンジの面でも『チェンソーマン』の世界観を縦横無尽に表現しつくし、なおかつ2002年のモーニング娘。「そうだ ! We‘re ALIVE」の歌詞【努力 未来 A BEAUTIFUL STAR】を大胆に引用する等、時代も世代も超越して『チェンソーマン』に最もふさわしいアニソンを生み出してしまった。米津はもはや他の追随を許さない存在に。
 Vaundy「CHAINSAW BLOOD」や、ano「ちゅ、多様性。」など、全話EDを新進気鋭のアーティストが担当した同作がカラオケランキングも席巻した印象ですが、その一方で、アニメ放送開始から5話、8話そして最終話と伝説的な盛り上がりを見せつけながら右肩上がりに楽曲がブレイクしていった『ぼっち・ざ・ろっく!』は、「青春コンプレックス」や劇中歌「あのバンド」などが、これから長くカラオケで歌われ愛されていく作品になるはず。
 YouTubeからTikTok、テレビCM、そして『うる星やつら』OP&EDテーマでアニソン・シーンにも進出を果たし、革新的なクリエイティブでさまざまな業界をにぎわしている音楽プロジェクト・MAISONdesも確実にカラオケ・ヒットに絡むようになりました。
 衝撃の最終話で秋クールの話題を年末にかっさらっていった『機動戦士ガンダム 水星の魔女』OPテーマのYOASOBI「祝福」は、今後アニソンの定番になりそうだし、EDテーマ「君よ 気高くあれ」で18位にランクインしている注目の新人シンガー・シユイの今後の活躍にも大いに期待したいと思います。

■文化放送「LIVE DAM Ai presents ANISON INSTITUTE 神ラボ!」

音楽評論家の冨田明宏が主任研究員、注目の若手声優の岡咲美保が研究員となり、
アニソンの魅力を徹底分析・追究するアニソンの神髄が聴ける番組。
ヒットアニソンを生み出し続ける“神”上松範康が名誉所長として不定期にレギュラーで出演中。

放送時間:毎週日曜日 24:30~25:00
パーソナリティ:冨田明宏
       :岡咲美保
       :上松範康

■冨田明宏 プロフィール
アニメ音楽評論家、音楽プロデューサー、ラジオ・パーソナリティ。 アニメ音楽専門誌『リスアニ!』のスーパーバイザー。内田真礼や飯田里穂など声優アーティストのサウンド・プロデュースを担当。文化放送 神ラボ!メイン パーソナリティ。

■関連サイト
DAM2022年秋アニメ主題歌カラオケランキング:
https://www.clubdam.com/feature/standard/autumn_anime_ranking_2022.html
DAMアニメ部公式Twitter:https://twitter.com/dam_anison
文化放送「LIVE DAM Ai presents ANISON INSTITUTE 神ラボ!」番組Twitter :
https://twitter.com/kamilab1134
アニソン声優研究ラジオ番組 文化放送A&G 神ラボ YouTubeチャンネル:                
https://www.youtube.com/channel/UC5tnnd0o3B98MBUy-agKBzA

 

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。