【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

BS朝日が誇る“プロレス4K” 2023年第1弾は新日本プロレス年間最大のビッグイベント1.4東京ドーム大会『アントニオ猪木追悼大会WRESTLE KINGDOM 1

株式会社BS朝日のプレスリリース

「ルミエール・ジャパン・アワード2022 4K部門」でグランプリを獲得したBS朝日『ワールドプロレスリングリターンズ』が、2023年の4K放送として送る第1弾は、新日本プロレス年間最大のビッグマッチ“1.4(通称:イッテンヨン)”東京ドーム大会! 1月4日、東京ドームに2万6千人の大観衆を集めて行われた『アントニオ猪木追悼大会WRESTLE KINGDOM 17 in東京ドーム~闘魂よ、永遠に~』大会の模様を1月27日(金)夜8時から枠を拡大して放送します。
 

『G1 CLIMAX 32』優勝者 オカダ・カズチカ Ⓒ新日本プロレス『G1 CLIMAX 32』優勝者 オカダ・カズチカ Ⓒ新日本プロレス

コロナ禍で長い期間、声援が禁じられてきたプロレス観戦で、久しぶりの“一時的な声援”がOKになったこの大会。アントニオ猪木さんによって1972年に旗揚げされた新日本プロレス50周年の締めくくりの大会となります。まずは、猪木さんと共に50年を歩んできた藤波辰爾が音頭を取って、アントニオ猪木さんの「1!2!3!ダー!」で場内大声援!

武藤敬司 新日本プロレスラストマッチ Ⓒ新日本プロレス武藤敬司 新日本プロレスラストマッチ Ⓒ新日本プロレス

そして大会の目玉の一つが、「武藤敬司新日本プロレスラストマッチ」。1984年、新日本プロレスでデビューし、日本のプロレス界を代表して活躍してきた“稀代の天才プロレスラー”の引退へのファイナルカウントダウン。かつて若手時代に武藤の付き人を務めた、“エース”の棚橋弘至、プロレス界の未来を期待される海野翔太という夢の3人タッグ。対するのは、新日本随一の人気ユニット“ロスインゴ・ベルナブレス・デ・ハポン”の内藤哲也、SANADA、BUSHI。

IWGPジュニアヘビー級選手権 4WAYマッチ Ⓒ新日本プロレスIWGPジュニアヘビー級選手権 4WAYマッチ Ⓒ新日本プロレス

さらに、100kg未満のジュニアヘビー級の超人気選手4人がIWGPジュニアヘビーのベルトを賭けて争う4WAYマッチ、王者・石森太二vs高橋ヒロムvsエル・デスペラードvsマスター・ワト。誰か1人、3カウント又はギブアップを奪った者がベルトを獲るというこの4WAYルール。ジュニアならではの空中戦の応酬から、互いに普段の試合であればフィニッシュになる大技で決めに行くも、他の選手に邪魔されて中々、3カウントまでいけない展開。いったいどのようにしていつ決まるのか?目が離せない4WAY!

ダブルメインイベントのⅠは、IWGP USヘビー級王者ウィル・オスプレイに、かつて新日本で一時代を築き、現在はアメリカの団体AEWでトップの一角を担うケニー・オメガとの、世界中のプロレスファンが注目するドリームカード。想像を絶するハードで激しい試合展開に、思わず見ている側の声もMAXに!

IWGP世界ヘビー級選手権 ジェイ・ホワイトvsオカダ・カズチカ Ⓒ新日本プロレスIWGP世界ヘビー級選手権 ジェイ・ホワイトvsオカダ・カズチカ Ⓒ新日本プロレス

続くダブルメインイベントのⅡは、IWGP世界ヘビー級王者ジェイ・ホワイトに、“真夏の最強決定戦”G1クライマックスを制したオカダ・カズチカ。新日本プロレスの最強王者の証を賭けての両雄の対決。

こんな豪華な4試合を、BS朝日が誇る4K中継でたっぷりと2時間スペシャルで放送! 世界に輝く新日本プロレスの選手たちの激しい技!肉体美!観衆の熱狂と興奮を、臨場感あふれる4K映像中継で是非ご覧ください!

BS朝日編成制作局編成制作ビジネス部 篠原弘光プロデューサー
『プロレスは、4Kにとても向いている“4K映え”が素晴らしいジャンルだと思っております。今回は特に入場時の選手のコスチュームと東京ドームのビッグマッチならではの場内演出が相まって、美しく映える4K映像となっております。各選手の入場シーンをたっぷりとお楽しみください! さらに、IWGPジュニアヘビー級選手権4WAYマッチや、ダブルメインイベントⅠのIWGP USヘビー級選手権では、華麗な空中技が、これでもかというくらい飛び出します!
BS朝日が誇る高精細の4K映像で新日本プロレス年間最大のビッグマッチをお届けします。まるで会場にいるかのような臨場感を味わっていただけることと思います。』

番組概要
『ワールドプロレスリングリターンズ 4K2時間スペシャル ~1.4東京ドーム2023~』
BS朝日 1月27日(金) 20:00~21:54 放送
 ◆公演概要 :
 『アントニオ猪木追悼大会 WRESTLE KINGDOM 17 in 東京ドーム ~闘魂よ、永遠に~』
 日時: 2023年1月4日(水) 14:45開場 17:00開始 東京・東京ドーム
 ◆放送試合
  ★武藤敬司新日本プロレスラストマッチ
  武藤敬司、棚橋弘至、海野翔太 vs 内藤哲也、SANADA、BUSHI
  ★IWGPジュニアヘビー級選手権 4WAYマッチ
  <第92代チャンピオン>石森太二 vs <チャレンジャー>高橋ヒロム
  vs <チャレンジャー>マスター・ワト vs <チャレンジャー>エル・デスペラード
  ★ダブルメインイベントⅠ IWGP USヘビー級選手権
  <第16代チャンピオン>ウィル・オスプレイ vs <チャレンジャー>ケニー・オメガ
  ★ダブルメインイベントⅡ IWGP世界ヘビー級選手権
  <第5代チャンピオン>ジェイ・ホワイト
  vs <チャレンジャー/『G1 CLIMAX 32』優勝者>オカダ・カズチカ

全ての写真にクレジットが必要です Ⓒ新日本プロレス

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。