【U-NEXT】「ハリー・ポッター」シリーズ全作品が観れるのはここだけ! 今すぐ31日間無料トライアル>>

柔軟な入出力とパフォーマンス機能を備えたオールインワンのライブ配信ミキサー ヤマハ ライブストリーミングミキサー『AG08』

ヤマハ株式会社のプレスリリース

ヤマハ株式会社は、ライブ配信用ミキサー「AGシリーズ」のフラッグシップモデルとして、高次元で快適な配信環境を構築するライブストリーミングミキサー『AG08』を2023年2月2日に発売します。

 

今回発売する『AG08』は、「AGシリーズ」最高峰の音質に加え、計8chの入力や直感的な音量操作が可能なミキシング機能、多彩なエフェクト、サウンドパッドによるパフォーマンス機能を1台に備えたライブ配信向けミキサーのフラッグシップモデルです。楽器やマイク、イヤホン・ヘッドホン、BGMプレイヤー・外部スピーカーなどのオーディオ機器を接続し、入力された各音源の音量操作を本体のフェーダー・ツマミですばやく行えます。入出力では、6ch分を使用し、USBオーディオ入出力端子を通じてPCからの音声をアプリごとの3系統の出力デバイスとして本体フェーダーへアサインすることで音量操作ができます。また、独自のDSPによるCOMP(コンプレッサー)/EQなどのエフェクトには、リアルタイムで調整可能なボイスチェンジャーを新搭載しました。さらに、ワンタッチで6種類の効果音再生が可能なサウンドパッドを装備し、独立したレベルノブで場面に応じた音量の調節が可能です。

品名/品番/色/希望小売価格(税込)/発売日
ライブストリーミングミキサー/AG08/ブラック、ホワイト/96,800円/2023年2月2日(木)

<概要>
1.柔軟で豊富な入出力と、本体入力端子/USBオーディオを切り替え可能な3系統のステレオフェーダー
2.強化されたエフェクトとパフォーマンス機能を搭載し、自由度の高いシステム構築も実現
3.詳細設定とチュートリアル表示が可能なエディターアプリ「AG08 Controller」

<主な特長>
1.柔軟で豊富な入出力と、本体入力端子/USBオーディオを切り替え可能な3系統のステレオフェーダー
『AG08』は、計8chの入力を備えています。CH1・CH2は独立したファンタム電源を搭載し、コンデンサーマイクなどの幅広い機器に対応したマイク入力です。またCH1では、ヘッドセットマイクの入力にも対応します。

独立したファンタム電源(+48V)独立したファンタム電源(+48V)

 

 

ヘッドセットマイクへの対応(CH1)ヘッドセットマイクへの対応(CH1)

CH3/4・CH5/6・CH7/8は、各入力でSTREAMING ON/OFFスイッチを切り替えることで、配信音声への送りを本体側で設定可能な、主に楽器やBGM機器を接続するための3系統のステレオ入力です。また、CH7/8にはスマートフォン入出力端子(4極ステレオミニ端子)も装備し、iOS/Android端末などのスマートフォンやタブレットを接続できます。さらに、CH3/4・CH5/6・CH7/8はUSB(PCやiPad・iPhone)からの音声入力が可能で、本体入力端子(LINE入力)と切り替えのできる、本体フェーダーによる直感的な音量操作もできます。モニター環境には、2系統のモニターヘッドホン端子やスピーカー接続のモニターアウト、外部機器への出力に便利なミックスアウトを装備し、それぞれに対し個別に出力する音声を設定可能です。加えて、実際に配信される音声(STREAMING OUT)をヘッドホンで素早く確認出来るCUEスイッチも搭載しています。

『AG08』(ホワイト)リアパネル『AG08』(ホワイト)リアパネル

2.強化されたエフェクトおよびパフォーマンス機能
『AG08』は、「AG03MK2」「AG06MK2」と同様にCOMP/EQやAMP SIM(アンプシミュレーター)による音声処理に対応し、「FX(エフェクトサウンド)」にはREVERBに加え新たにDELAYを搭載しました。また、リアルタイムで調整可能な「ボイスチェンジャー」機能も搭載しています。CH1では、エフェクトの組み合わせを4つの「CH1 PRESET」ボタンに登録・保存し、必要な時は瞬時に呼び出しが可能です。また、配信を彩る効果音を実現する「SOUND PAD(サウンドパッド)」を6つ装備し、独立したレベルノブも含め場面に合わせた音量での再生が行えます。さらに、マイクで話している間のみBGMを小さく自動調整する「DUCKER(ダッカー)」に対応しました。加えて、配信音声(STREAMING OUT)では「MAXIMIZER(マキシマイザー)」機能を内蔵し、帯域ごとにコンプレッサーの設定を行うことで音量の変化を抑えて音圧を稼ぎ、配信先のリスナーへ聴きやすく心地よいオーディオ体験を提供することができます。

4つの「CH1 PRESET」ボタン4つの「CH1 PRESET」ボタン

「ボイスチェンジャー」「ボイスチェンジャー」

「SOUND PAD」「SOUND PAD」

3.自由度の高いシステム構築を実現
豊富な入出力を備えた『AG08』では、目的に合わせたシステム構築を実現しています。

From PC
PCから『AG08』に送られる音声は、3系統のUSBオーディオ出力デバイスとして認識されます。
CH3/4(Yamaha AG08)、CH5/6(Yamaha AG08)、CH7/8(Yamaha AG08)
※アプリごとに上記から出力先の設定が可能です。また、イラストはWindowsでの表記です。

To PC
『AG08』からPCへ送られる入力デバイスは、目的別の名称をもつ3系統とASIOチャンネルです。
・Streaming(Yamaha AG08):全音声が含まれる基本設定に最適な入力デバイス
・Voice(Yamaha AG08):ボイスチャットアプリに最適な入力デバイス(マイク音声のみ入力)
・AUX(Yamaha AG08):BGM/効果音含めボイスチャット相手と共有可(CH7/8のみを除外した入力デバイス)
・ASIO channels (Multi-Channel Audio):「Cubase」などASIO対応ソフトでマルチレコーディングが可能

4.詳細設定とチュートリアル表示が可能なエディターアプリ「AG08 Controller」
Windows/Mac版、iPhone版の専用エディターアプリ「AG08 Controller」では、本体設定や各パラメーター詳細の変更や保存が可能です。エフェクトの設定を細かく調整可能な「Detail(ディテール)モード」のほか、導入して最初にマイクから音を出すまでの操作を解説する「Simple(シンプル)モード」を搭載しています。チュートリアル内でマイク音の録音/確認も行えるため、初めての接続も実際に確認しながら進めることができます。

「Simpleモード」「Simpleモード」

「Detailモード」「Detailモード」

ライブストリーミングミキサー『AG08』ホワイトライブストリーミングミキサー『AG08』ホワイト

ライブストリーミングミキサー『AG08』ブラックライブストリーミングミキサー『AG08』ブラック

ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/

※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Follow Twitter Facebook Feedly
SHARE
このページのURLとタイトルをコピー
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。